韓国ドラマ「ザ・グローリー」の主人公であるムン・ドンウンです。
ドンウンを演じているのはソン・ヘギョ。
一部ではミスキャスティングではないかという声もあるのですが・・・。

・ドンウンが同級生に見えない

ドンウンのキャラ年齢は36歳ですが、ソン・ヘギョの実年齢は6歳上になります。
6歳下の年齢を演じることはおかしくないのですが、問題なのは加害者キャラと同級生に見えないこと。

1番年齢の近いパク・ソンフンで4歳差、最も離れているキム・ゴヌとは11歳差です。
女性陣も実年齢より年上のキャラを演じているので、余計にドンウンと同級生っぽさがなくなりますね。




とはいえ、不幸で辛い人生を送ってきたドンウンが加害者よりも年上に見えるのはおかしなことではありません。
しいていえば、パク・ヨンジンとチェ・ヘジョンは容姿も大切な仕事をしていますが、不健康な生活を送っているイ・サラはもう少し年上のキャストでも良かったかもしれませんね。
(それよりもチュ・ヨジョン役のイ・ドヒョンとソン・ヘギョの年齢差が問題)

・美人のドンウン

老けて見えるとは言え美人設定のドンウンです。(ソン・ヘギョだから当たり前だけど)
ジェジュンやミョンオはドンウンをきれいだと言及したし、ヨンジンもドンウンがきれいかジェジュンに聞いたり「足がきれい」と言及したことがある。
(「足がきれい」はまだ傷がついていないという意味を含むでしょうが)

ヨジョンとハ・ドヨンも初対面でドンウンに好感を持った様子でした。
ドンウンは復讐を考えるばかりで美容に気を遣うことがなかったでしょうし、食生活も悪いものです。
それでもみんなが美人だと認めるのだから、かなりの天然美人ですね。