少女と二人の母 感想

19年のKBSドラマスペシャル「少女と二人の母」を見ました。
主演にテ・ハンホ、キム・スイン。
女の子と親子愛という、僕の涙腺が1番弱いタイプのドラマだw

※ネタバレ表現あり

・少女と二人の母のキャスト

やはり、かわいらしい子役が活躍するドラマは満足度もあがりますな。
キム・スインちゃんは「たった一人の私の味方」でユイの子役をやったり、「見た通りに話せ」で少女時代スヨンの子役をやったりしていますね。

テ・ハンホは僕が見たドラマだと、「ボイス3」のワイヤーシュンですか。
その見た目から、裏組織の人間として出てくることが多い俳優さんです。




しかし、今回はテ・ハンホの性同一性障害の男性役がよく似合っていましたね。
すげー、うまかったわ。
キム・スインちゃんも冷たい感じの女の子から打ち解けていく様子が良かった。

・少女と二人の母の結末

こういう女の子のヒューマンものが弱い僕は感動的なドラマで満足していますが。
やはり気になるのは最終回の結末です。
まあ、結末自体はあれでいいと思うんですよね・・・。




そりゃ希望としてはスノと一緒にいてほしかったですけど。
でもあの状況になってスノが閉鎖的な村で暮らしていくことは不可能でしょう。
スノが性同一性障害の偏見に苦悩する姿がずっと描かれていればよかったかな。

ジェンダーに関するメッセージを深堀できなかったのは、単発ドラマなので仕方がない。
僕が思うのは、実母がもっと良い母親であることが伝わるドラマであってほしかった。

借金ではなく病気が理由でドンジャから離れたという方がよかったかな。
字幕の問題かもしれないけど、あのお母さんの様子ではあまり良い印象にはならないからな・・・。
せめて1度、ドンジャを遠く見守る様子でもあればよかった。(待ち合わせしたときとか)




もっと実母の事情が深堀されればよかったかな。
それか、ドンジャの実母への思いがしっかりと伝わればよかった。
あれだけでは実母と一緒にいるより、スノと一緒にいる方が幸せなんじゃないかという気になっちゃうから。
そういう意味では「少女と二人の母」というドラマタイトル(邦題)はズレを感じるな。

なんにしても、1時間の単発ドラマでは仕方がないと思うし、4話ぐらいの短編ドラマで見てみたかったかな。
せめて2話あれば違ったと思うんだけど。




感動的だったし僕の好きなタイプのドラマだったので満足度は高かったです。
前回見た「あなたの最期、お供します」よりも上ですね。
ジャンル的に好きなら見てみると良いドラマだと思います。