韓国で活動している歌手のYUKIKA(寺本來可)がカムバックです。
元々は日本でモデル活動などしていたようですが、19年2月に韓国で歌手デビュー。
今回は8か月ぶりのカムバックになります。

・YUKIKAのInsomnia

こちらが最新ミニアルバムのタイトル曲「Insomnia」です。
彼女はシティポップ歌手になりますね。

シティポップというのは70~80年代に日本で流行した音楽ですね。
僕は世代ではないけど、それにしても懐かしいような印象がありますねw


シティポップというのは韓国でもマイナーなジャンルではありますが、それでもマニア層はいるジャンルです。
だからYUKIKAもそれなりのファン層が存在するようですね。

しかし、こうして聞いてみるとシティポップって良い音楽ですね。
最近話題のブレイブガールズも昨年発表した最新曲「We Ride」がシティポップの曲なんですよね。
大ブレイクによりこちらの曲も注目されています。

この曲も良い曲だと思ったけど、YUKIKAの曲も良いですね。
ちなみに昨年7月に配信されたYUKIKAの「SOUL LADY」がこちら。

なんかもう、イントロが昭和っぽいですもんね。
でもマニア層がいるというのも納得です。
僕は好きなジャンルですね。

・YUKIKAは韓国語も上手

YUKIKAの韓国デビューは16年のオーディション番組になります。
当時は女優としての活動を夢見ていたようですね。
韓国で出来た友達と話すにつれ、韓国語も速く上達したようです。

現在では韓国語でのコミュニケーションもまったく問題がないレベル。
YUKIKAという芸名で活動している韓国人と思われることもあるぐらいらしい。


もともと韓国文化に好意的だったのかな?
それなら韓国語を覚えるのも速いかもね。
しゃべるだけならともかく、読み書きもできるなら凄いな・・・。

しかし、いまはブレイブガールズのシティポップ曲が注目されているので、良いタイミングでのカムバックになりましたね。
ブレイブガールズの「We Ride」が本日、Melonのリアルタイムチャートで10位に入ったようですから。


僕が影響を受けているぐらいだから現地にも影響を受けている人はいっぱいいるでしょう。
シティポップジャンルに目覚める人も多くなれば、YUKIKAに追い風が吹きそうです。

スポンサードリンク