ディアブラッドの評価や視聴率とは?面白くない?【韓国ドラマ】

15年にKBSで放送された韓国ドラマの「ディアブラッド」です。
主演にアン・ジェヒョン、ク・ヘソン、チ・ジニら。

アン・ジェヒョンとク・ヘソンは今作をきっかけに結婚しましたね。

・ディアブラッドの視聴率は?

初回は5.2%という視聴率でスタートした「ディアブラッド」です。
話題作にしては寂しい視聴率ですが・・・。
3話の6.0%が自己最高視聴率という、かなり残念な数字。




11話と17話で記録した3.8%というのが自己最低視聴率。
最終回20話は5.0%となっています。
全話平均視聴率は4.7%。

アン・ジェヒョンとク・ヘソンのドラマと思えば、そんなものかという気もしますが・・・。
グッドドクターを執筆した大物脚本家パク・ジェボムのドラマですからね。
あまりにも残念。

→ディアブラッドのキャスト

ディア・ブラッド~私の守護天使 キャスト&登場人物

→ディアブラッドの相関図

ディアブラッドの相関図

・ディアブラッドの評価は?

大物脚本家パク・ジェボム作家&グッドドクターの制作スタッフの医療ドラマということで放送前から注目されたドラマです。
ティーザーの酷い演技も話題になったらしいですが・・・。

視聴率が伸びなかったことからもわかるように評価の低いドラマになります。
ク・ヘソンは元々演技下手で有名な女優さんですが、初主演となったアン・ジェヒョンも演技力議論がでてしまいました。
放送前の懸念が現実となってしまったようですね。




また、ヴァンパイアと言う素材を使ったドラマですが、脚本の評価も低いですね。
演出も含めて幼稚なところが多く、大人が見るドラマではないと酷評。
パク・ジェボムにとっては黒歴史となっているドラマになりますね。
(後続作は「キム課長」、「熱血司祭」などヒット作を生んでいるから余計に黒歴史感)

日本の口コミはそこまで悪くはないようですが、おすすめはしにくいドラマですね。
ブレイク前のチョン・ヘインが出ているドラマですし、キャスト目当てで見るのもいいのかもしれませんが。
韓国では酷評されているドラマということは理解して見た方が良さそう。