ドラマ「赤い月青い太陽」に出てくる虐待被害者の少女ハナ。
子役はイ・ヘウンという子がやっているようですね。

彼女も幸薄感が出ていて役を見事に消化していました。
※ネタバレ表現あり

・ハナも壮絶な過去の持ち主

まだ幼いハナですが、なかなか壮絶な過去を持っております。
ハナは母親と2人でホームレス生活、しかも育児放棄ママ。
こんな幼い子がゴミ箱をあさって食べ物を得る姿は心に来ますね。

・ハナの父親犬商人も怖い

さらにハナの不幸を見事に(?)演出しているのが犬商人をやっている父親です。
あの俳優さんの独特な演技や声質が不気味な感じが出ていて凄く良いキャラなんですよね。
というか、良いキャラじゃないところが悪役として良い味が出ているんですが。

撮影中にトラウマになったりしないのかな?って思っちゃうもんな・・・。
こうして笑顔のツーショットを見ると安心します。




子供嫌いの犬商人は当然のようにハナに虐待。
ハナの弟は犬商人に虐待で殺されてしまい、それがハナの心を大きく傷つけております。

犬商人は子供が嫌いだということを話していましたが・・・。
嫌いなら2人も作るなよと思ってしまいますが、たぶんそういうことではないんですよね。

・子供を育てる責任

犬商人も元々子供が嫌いだったというわけではないでしょう。
まあ、嫌い(苦手)だったかもしれないけど、我が子まで嫌で嫌でしょうがなくなるとは思っていなかったんじゃないかな。

元々ハナの母親だって身寄りがないところをお世話してあげたようですし。
奥さんや子供を養う責任に耐えられなかったところもあるのでしょう。




母親はなにもしない(たぶん)し、子供はうるさいし、彼は職場と自宅が同じだったので、余計にストレスが溜まったところもあるんだと思う。
だからといって虐待をするなんてことは絶対にいけないのですが。

最後に子供が嫌いだったというカン刑事がハナを通じで子供を育てることの責任と喜びについて語っていましたが。(あのセリフは良かった)
あれは犬商人とは対になる言葉だったんでしょうね。

裏を返せば犬商人も最初から暴力的で最低なヤツだったわけではなく、子育ての中で壊れていったんじゃないかな。
じゃないと仮に身寄りのない女性を見て下心とかあったにしても、結婚まではしないもんな。




犬商人は責任やプレッシャーばかりで喜びを感じることはできなかったのでしょう。
彼が悪いのは当然として、母親の責任もあるんだろうな。

虐待している親を批判していた親が自分も虐待している、なんてくだりもあったし。
現実だって虐待と気が付かずに虐待していることも珍しくはないのでしょう。

子を持つ親の責任なんか、実際に親にならないとわからないもんな。
誰もが虐待加害者になる可能性はあるわけですな。




ハナの両親もそうだけど、夫婦関係って大切なんだろうな。
夫婦関係と虐待の関連性までは深堀されていなかったけど、作中の虐待親はどこの家庭も夫婦関係が悪かったもんな。

もしシーズン2があれば、ますます主人公の娘ウンソが虐待されそうな流れに・・・。

スポンサードリンク