熱血弁護士パク・テヨン 評価

20年にSBSで放送された韓国ドラマの「熱血弁護士パク・テヨン」です。
主演にクォン・サンウ、チョン・ウソン、キム・ジュヒョンら。

・熱血弁護士パク・テヨンの視聴率は

前作「アリス」は不振と言われながらも、最終回9.1%とまとめてきました。
「熱血弁護士パク・テヨン」は初回5.2%スタートなので、比較的低い数字でのスタートになりますね。
そして2話で記録した6.7%というのが自己最高視聴率になります。(7話、9話でも6.7を記録)




年末の行事などで放送休止があったり、主演の飲酒運転という不祥事でのお休みがあったりと、不運も多かったドラマです。
ただ特に視聴率を落としたわけではないので、固定視聴者は獲得していたと見れるドラマですね。

・熱血弁護士パク・テヨンの評価は?

雰囲気からもわかるようにコメディ系の法廷ドラマになりますね。
気軽に見ることのできるドラマなので、ジャンル的に好きな人には楽しめるドラマでしょう。
韓国でも視聴者の評価は決して悪くなさそうなドラマですし。

重たいテーマも取り扱ったドラマですが、それでも軽快な演出だったのもジャンル的に好きな人には受けるところでしょう。


ちなみにパク・テヨン(クォン・サンウ)というのはパク・ジュニョンという実在の再審専門弁護士がモデルになっているようですね。
パク・サムス(ペ・ソンウ→チョン・ウソン)は実在の人物であり、同作品の脚本家であるパク・サンギュ作家がモデルになっております。

・熱血弁護士パク・テヨンの主演交代

マイナスになるのは主演の交代劇ですね。
チョン・ウソンは独特のカリスマ性のある俳優さんですから好意的な声はあるのですが、ドラマも終盤になっての交代劇。
ペ・ソンウとはイメージも違う俳優ですし、どうしても役に合わないという印象にもなってしまいます。
傍から見れば予想外のビッグネームの登場で盛り上がるけど、実際の視聴者からすれば違和感は絶対に出るもんな。




それでもクォン・サンウ、キム・ジュヒョンとの3人組はコアなファン層も形成したキャラクターたちです。
人気キャラだからこそ、俳優の交代はマイナス要素にもなりかねないわけですが・・・。
なんにしてもジャンル的に好きなら見てみるのも良さそうなドラマですね。

スポンサードリンク