悪の花 感想

20年にtvNで放送された韓国ドラマ「悪の花」を見ました。
主演にイ・ジュンギ、ムン・チェウォン、チャン・ヒジン、ソ・ヒョヌら。

良い作品だとは思うけど、個人的に楽しめないところがあるドラマでした。
※ネタバレ表現あり

・悪の花の最終回が面白くない?

個人的には見終わった印象が良くないドラマでした。
その理由ははっきりとしていて、主人公のト・ヒョンスというキャラクターが僕の好きなタイプではなかったからです。
ト・ヒョンスが好きなタイプの男性キャラじゃないので、チャ・ジウォンにも惹かれにくかったですし・・・。




作品を通じてスリラージャンルとしては楽しめたのですが、メロジャンルは楽しめませんでした。
最終回はスリラーを終えてメロになったので、ほとんど楽しめなかったと言える。

サブ主人公もト・ヘスはともかく、キム・ムジンが好きなタイプではない。
やはり男性キャラが好きなタイプじゃないと、没入度が低くなっちゃいますね。

・悪の花の良かった点

逆にスリラージャンルとして楽しめたのは、悪役が魅力的だったからです。
ラスボスのペク・ヒソンも僕の好きなカリスマ性を感じる悪役というわけではありません。

「ボイス」のモ・テグ(キム・ジェウク)に似た印象を受けるキャラクターですね。
それでもボイスの歴代ラスボスほどの気持ち悪さはなく、魅力を感じたキャラクターです。
ペク・ヒソン役のキム・ジフンだけでなく、ナム・ギエ、ソン・ジョンハクといった悪役家族が魅力的だったかな。
それもイ・ジュンギ&ムン・チェウォンのケミに惹かれなかった反動かもしれませんが・・・。




キム・ジフンは男前だけど、怖さ、不気味さもあって良いキャラだった。
両親役の2人の歪んだ愛情も良かったです。
しいていえば、最後のト・ヒョンスとの対峙シーンで活躍がなかった点が残念。
あそこで怖さを見せてくれれば良かったのですが・・・。

・悪の花は良い作品

僕がト・ヒョンスに魅力を感じなかったのは、好き嫌いの問題です。
決して脚本が悪いわけではないと思う。
竜頭蛇尾に終わることが多いジャンルですが、悪の花は竜頭蛇尾評価を受けているわけではありませんからね。

僕が過去に見たドラマだと「ナイン」が似た構成のドラマだったかな。
スリラーが終わってメロ系の最終回で終わる。
ナインはキャラが好きだったから楽しい最終回だったけど、悪の花はキャラが好きじゃなかったから・・・。




イ・ジュンギの作品は「TWO WEEKS」以来になるのですが、TWO WEEKSが好きだったから今回のイ・ジュンギも楽しみだったんですけどね。
娘を思って泣くイ・ジュンギは良かったけど、妻を思って泣くイ・ジュンギは好きじゃないかな。

キム・ジフン同様にイ・ジュンギもこれまでのイメージとは違うキャラを演じて評価をあげています。
本当に好き嫌いの問題ですね。
面白くないというよりは、個人的に楽しめなかったところがあるドラマでした。

スポンサードリンク