現在、韓国ではYOUTUBEの動画がきかっけでBrave Girlsが大人気になっています。
そしてブレイブガールズに続き、人気が出るのではと予想されているのがLABOUM(ラブーム)です。
(実際に慰問のまとめ動画が話題になっている)

ラブームはブレイブガールズほどの伝説的な存在ではないにしても、軍隊人気を誇るガールズグループのようですね。

・ラブームの軍隊人気

ブレイブガールズの人気に火が付いたのは「慰問列車」という、兵士を対象とした公演の音楽番組の動画がきっかけです。
ブレイブガールズもラブームも慰問列車への出演回数が多いことで知られているようです。
もちろん番組以外でも慰問活動はしているわけで、それらを合わせるとブレイブガールズよりラブームの方が慰問活動の回数は多いとされます。

ラブームの公式チャンネルにも慰問の様子が公開されています。
こういう小さな公演もたくさんしているわけですね!
こんな近くでガールズグループに会えるんだから嬉しいことでしょう。




ちなみに17年の将兵を対象とした調査によると、会いたい人の1位が両親、2位が彼女、そして3位がラブームだったようです。
(当時は「Rollin」でブレイブガールズの軍隊人気が付き始めたころ)
それほど身近に接することができるガールズグループとして、ラブームは軍隊人気があったようですね。

・隠れた名曲Journey to Atlantis

ブレイブガールズには「Rollin」という隠れた名曲がありました。
そしてラブームには「Journey to Atlantis」という隠れた名曲があります。
こちらは16年の曲なので、Rollinの発表より1年早い。

Rollinはテンションが上がる曲ですが、こちらは落ち着くような曲ですね。

日本でも見られるMnetは、韓国では朝の時間帯にガールズグループのMVを流すようです。
当時は携帯の類の使用制限があったことから、ガールズグループの映像がたくさん見られるMnetは兵士の間で大人気。
Journey to Atlantisは朝の時間によく流れていたことから、この曲を聞いて軍隊生活の朝を思い出す人も多いんだとか。

ちなみにラブームには17年にアルバム買い占め疑惑が起きています。
音源チャートではパッとしないのに、アルバムの売り上げがトップレベルの人気を誇るガールズグループに匹敵するものだったというから疑惑は出て当然ですw
そのことがあったのでラブームの曲はいろんなサイトで低評価テロを受けることになったわけですが。




それでもJourney to Atlantisだけは評価を維持していたと言われます。
それくらい人気を誇った曲というわけですね。

・慰問公演への批判

ところで、こうして慰問公演が話題になると批判の声も聞こえてきます。
というのも、いくら兵士のためとはいえガールズグループが露出の高い衣装を着てパフォーマンスをするわけですから。
僕はRollinのときはセクシーコンセプトの曲にしては、そういう印象を受けませんでしたが・・・。
今回のラブームの公演を見たら、確かに批判があるのは理解できるぞ。

顔を抜かれた軍人さんがかわいそうですがw
Rollinだって大きなステージで爆発的に盛り上がっていたから目立たなかっただけで、実際には性的な目線での声援だって大きかったでしょうからね。
近くにアイドルがいればテンションもあがるだろうし、男としては理解できるところではあるのですが・・・。
批判があるのも当然だと思う。

元々慰問列車などの公演は少女時代やWonder Girlsと言った、大手事務所のアイドルも参加しているようなものだったようです。
IUも出演している。

しかしK-POPが海外で認知されるようになると、現在は海外公演の方が儲かるのでトップ層のガールズグループは出てこないんですよね。
ブレイブガールズやラブームのような無名アイドルの活動の場になっています。
だから余計に性的な側面が強調されて見えるところはあると思う。




ただブレイブガールズのブレイクにより、これからは知名度の高いガールズグループも慰問に参加するケースが増えると予想されています。
良くも悪くも慰問ステージに注目度が高まるでしょうね。
まずは第二のブレイブガールズになるか、ラブームの今後も注目ですね。

スポンサードリンク