庭のある家 感想

23年の韓国ドラマ「庭のある家」を見ました。
主演にキム・テヒ、イム・ジヨン、キム・ソンオ、チェ・ジェリム。

なかなか面白いドラマでしたね。
※ネタバレ表現あり

・庭のある家は面白い

庭のある家はノワールジャンルなので、雰囲気もストーリーも暗いドラマになります。
DVという素材もあるので、暴力シーンもありますしね。

とはいえキム・テヒの比重が大きいので、個人的にはそこまで暗いイメージはありませんでした。
キム・テヒの出演作は初めて見たのですが、やはりきれいな女優さんですね。

イム・ジヨンは地味なキャラクターでしたけど、話題の女優さんだけあって華がある。
演技が素晴らしく魅力的なキャラクターでしたね。
いきなり大声をあげたりするのでびっくりしますけど・・・。




なんといっても韓国でも大きな話題になったという食事のシーンです。
イム・ジヨンはリンゴに噛りつくシーンも凄かったな。
本当に良い女優さんだ。
今作のMVP。

ストーリー展開が遅いとも言われているようですが、そこは気にならなかったですね。
むしろ前半から没入度が高くて楽しめたドラマです。

脚本で気になった点は諸悪の根源とも言えるキャラクターが罰を受けていないこと。
犯した罪の償いはするべきだったと思いますし、なぜしなかったのかわからない。




ミステリーとしては、事件の全貌が判明するのが早くて驚いたところがある。
その後も反転はあったけど、基本的にはそのまま進んでいきますからね。
ストーリーテンポは良かったんじゃないかな?
キム・テヒとイム・ジヨンが良かったと言えるのかもしれませんが。

何にしても、没入度も高く楽しめたドラマです。
暗い雰囲気なので大衆受けはしないのかもしれませんが、ジャンル的に好きな人にはおすすめしたいところですね。