19年にMBCの月火ドラマ枠で放送された「ウェルカム2ライフ」。
この枠は前作が「検法男女2」その前が「チェックメイト!」と、好調の枠ですね。

ウェルカム2ライフは主演チョン・ジフン、イム・ジヨンとあまり演技の評価が高くない2人だけにそこが心配されたようですが・・・。

→ BS12ウェルカム2ライフ

・ウェルカム2ライフの視聴率

ウェルカム2ライフは1話が視聴率6.3%でスタートです。
前作「検法男女2」が5.7%スタートですし、けっこう良いスタートですね。
そして2話で6.8%を記録するも、これが自己最高視聴率。
その後も下がる傾向があり8話の1部で最低視聴率の3.5%を記録すると、徐々に上げて最終回は6.0%で終えました。




6%と聞くとかなり低い印象ですけど、韓国では5%が日本ドラマにおける10%の感覚に近いです。
自己最高が序盤というのは悪い傾向ですけど、視聴率的には決して悪い数字ではありませんね。

ちなみにKBSの「君の歌を聴かせて」が、放送開始日が同じの競合になりますね。
君の歌を聴かせては脚本の評判のよくないドラマで、視聴率的にもウェルカム2ライフが勝っております。
(放送時間はほとんどかぶっていないので直接の競合ではない)

・ウェルカム2ライフは評価も悪くない

ウェルカム2ライフは視聴率的には徐々に下がりつつも、中盤から終盤にかけてまた上げていった形になったドラマです。
好き嫌いは分かれるドラマということでしょうが、次第にマニア層を生んだドラマになったようですね。


相変わらず日本での告知はラブコメ臭が強いし、メインビジュアルもかわいくなっていますが、そういうドラマではないでしょう・・・。
ちなみに前年にOCNで放送された「ライフ・オン・マーズ」と似たコンセプトのドラマと言われています。

主演2人は演技の評価が高いわけではありませんがチョン・ジフンは好評。
イム・ジヨンも次第にキャラを消化したようで、MBC演技大賞でも賞を受賞しています。
2人とも役にあっていたのかもしれませんね。

MBCは視聴率的には伸びなくても評価の高いドラマが多いですからね。
ウェルカム2ライフもコミカルな部分もあるドラマなので好き嫌いは分かれるでしょうが、そういうのが苦手でないのであれば楽しめそうですね。

役者目当てで見るのにも良さそう。
韓国でもマニア層を生んでいるドラマなので、作品の世界観にハマれば楽しめるドラマでしょうね。

スポンサードリンク