韓国ドラマ「がんばれプンサン」で主人公の妹ファサンを演じたイ・シヨンです。
ファサンといえば、作中もっともイラつくキャラだと思われる。
個人的にはファサンよりプンサンにイラつくところがありましたが・・・。(奥さんと娘がかわいそうだったから)

※ネタバレ表現あり

・ファサンがクズになった原因

がんばれプンサンという邦題とは違い(?)基本的にはプンサンが悪いドラマですw(原題は「どうしてプンサン」)
ファサンの場合は双子の姉であるジョンサンばかりかわいがられ、自分は愛を受けなかったことが心の傷になっています。




作中ではクズ人間のように見えるファサンではありますが、プンサンとジョンサン以外とはまともに接している様子ですしね。
弟のウェサンはファサンを母のように慕っており、姪っ子のジュンイとだって悪い関係ではなさそうです。
ウェサンを傷物にした(?)女の子とだって、同じ部屋で大人しく過ごしていたし。

双子の姉であるジョンサンばかりかわいがられたことが心の傷になっているファサン。
あれは言い訳に聞こえるけど、子供の頃のファサンは荒れていない良い子だったわけですからね。
それなのに自分は家事ばかりやらされ、プンサンはジョンサンを贔屓。
のちにジョンサンはファサンに対して申し訳なさを感じていたことを告白しています。




兄弟が多い家庭で育った人であれば、ファサンの気持ちがわかる人も多いみたいですね。
がんばれプンサンは韓国で中高年層の受けが良かったドラマですが、兄弟が多い家庭で育った人も多いでしょう。
そういう人は気持ちがわかるぶん、ファサンを見る目も違ったかもしれません。

・ファサン名前の意味

ファサンが荒れた決定的な原因が名前に込められています。
(脚本家はキャラ名でキャラの属性がわかる変な名前を付ける人)
ファサンは「やけど」という意味になるようですね。


子供の頃、胸に大きなやけどを負っているファサンです。
それをプンサンに言うこともできず、痛みをずっと我慢してきたファサン。
いまでは痛みはなくとも、大きなやけどの跡が残っているわけですね。




ジョンサンに対しては学費のために身体放棄覚書を書いてまでお金を作ったプンサン。
ファサンもやけどを治療したくてお金が欲しいと頼むもプンサンは怒るばかり。

ファサンにお金をあげても、ろくなことには使いそうにないからプンサンの気持ちはわかる気がするけど。
でもあの時点のファサンは良い子だったわけですから。
あの大きなやけどのことをウェサン以外の誰も知らなかったぐらい、他の家族はファサンに無関心だったわけですからねー。
心に大きな傷を負ったのも想像に難くない。

・家族との和解

最終的にはジョンサンともプンサンとも和解したファサンです。
自分が母親に売られたとき、プンサンはファサンのためにも身体放棄覚書を書いて助けてあげたことを知ったからです。
ファサンがプンサンとジョンサンと和解したところは感動的でしたね。




プンサンはファサンとジンサンに虐待をしていたわけですが・・・。
そうはいってもプンサンだって親に捨てられ、高校生にして4人の子供を支える立場になったわけだからな。
自分でも気が付かないうちに虐待していたというのも同情の余地がある。

それにいくら子供の頃に心や体に傷を負っているからといって、あそこまで荒れてしまうのも・・・。
あれもプンサンが甘やかしすぎたのが悪い。
それでもファサンにはプンサンの愛を感じられないぐらいトラウマがあるわけで。




なんだかんだ最終的にはまっとうな人生を歩むことになったであろうファサンです。
ファサンとジョンサンが仲良くなったのも良かったぞ。
終盤になると感動的な内容で良いドラマになりました。

イ・シヨンといえばアマチュアボクシングの韓国代表選手で、そのイメージからバラエティ番組でも活躍して好感度も高いとされる女優さんです。

一方で女優としてはなかなか作品に恵まれないことが続いていましたが・・・。
ようやく「がんばれプンサン」という興行的に成功したドラマに恵まれました。




演技賞も受賞したし、イ・シヨンによっても良い1年になっていますね。
がんばれプンサンでは良くも悪くも印象的なキャラです。

序盤を見てファサンやジンサンにイラつくなら、見るのを止めた方がいいドラマだと僕は思いますけどね・・・。
でも荒れるにも、それなりの理由はあったというキャラでした。

スポンサードリンク