ミストレス 感想

18年の韓国ドラマ「ミストレス」を見ました。
原作はイギリスのドラマで、日本でもリメイクされていますね。
主演にハン・ガイン、ク・ジェイ、チェ・ヒソ、シン・ヒョンビン。

・ミストレスの惜しいところ

ミストレスは2度目の視聴になりますが、久しぶりに見てもやっぱり面白いドラマですね。
ジャンル的に好きだということもあるけど、OCN特有の暗いミステリーに華やかな女優の組み合わせが良いですね。
ただ個人的に惜しいと思うのが序盤です。




最初の方は官能的なシーンが多い・・・。
韓国で視聴率が爆死したのはお色気シーンのせいで、リアルタイムで見づらくなった人も多いからではないかとw
中盤ぐらいからミステリー要素が強くなってきて面白くなりますね。(最初の方から楽しめたけど)

原作が不倫ドラマなので、不倫要素があるのは仕方がないですが・・・。
それにしてもチェ・ヒソ&チ・イルジュの作中NO.1のインパクトがあるシーン以外はなくてよかったんじゃないかな。
不倫以外にも夫婦とか上司(?)とのシーンもあるけど、ああいうのはいらないかな。




個人的には官能的なシーンを減らして、4人の友情シーンを増やしてほしかったです。
終盤の4人を見ていれば、なおさら友情シーンを描いていた方が良かったなと。
友人をかばうためとはいえ、普通はあそこまではできないと思うし。

僕は日本版も見たけど、日本版は4人の友情が描けていたと思う。
韓国版も4人の仲良しシーンが欲しかったな。
韓国版ミストレスもウーマンス的な魅力があれば再評価されたドラマになったと思う。




作品性とは関係ないけど、シン・ヒョンビンが「賢い医師生活」前なのでブレイクしていないのも惜しかった。
ハン・ガインとシン・ヒョンビンのコンビがもっと話題になるドラマだったら印象も違ったかもね。
(悪役のオ・ジョンセも全盛期前なので惜しい)

・イ・サンヒの演技が良い

個人的に今作のMVPはパク・ジョンシム役のイ・サンヒですね。
作中2番目にインパクトがあったシーンがイ・サンヒのこれかなw




最初の素朴な女性から、中盤の悪い女、そして終盤も印象を残した。
終わってみれば実質主人公ぐらいの印象度だもんな。
彼女をキャスティングしたのも素晴らしい。

この手のドラマにしては珍しく女性が中心で、頼もしい男主人公がヒロインを守るようなシーンはないわけですが。
そこが独特の雰囲気を出していて面白かったですね。
保険金詐欺が事件のテーマというのも作品にあっていてよかったですし。




ところどころおかしな行動が気になるところはありますが、雰囲気的に好きだし、楽しめたドラマです。
序盤で4人の友情シーンがあれば文句なしだったなー。

スポンサードリンク