ミョヌラギ 感想

カカオTVのオリジナルドラマ「ミョヌラギ」を見ました。
シーズン1が20年、シーズン2が22年に配信されたドラマですね。

主演にパク・ハソン、クォン・ユル、ムン・ヒギョンら。
ウェブ漫画が原作のドラマです。

・ミョヌラギの特徴

ミョヌラギというのは、お嫁さんの苦労を描いたドラマですね。
非常に現実的であり女性の共感を呼び話題となった作品です。

僕は同じくパク・ハソン主演ドラマで、産後の女性の苦労を描く「パンドラの世界」のようなドラマをイメージしていましたが・・・。
実際にはまったく違いますね。




勘違いしてはいけないのは、コメディドラマではないことです。
日本ではコメディジャンルとして紹介されていますが、コメディではありません。
特にシーズン2のパク・ハソンなんて、ずっと暗い顔をしています。
何をもってコメディとしているのか不明ですな。

もう1つの特徴として女性の悩みが描かれるけど、正解は描かれないことです。
悩みが解決してスッキリするタイプのドラマではありませんね。
シーズン1は嫁姑問題などの葛藤、シーズン2は妊娠中の葛藤が描かれています。




僕の場合は女性の気持ちを勉強するつもりで見ておりましたが・・・。
女性にも男性にもおすすめはしにくいドラマかな。
キャラクターは魅力的だったので、話題作ですし興味があるなら見るのもおすすめしたいところです。

ところで僕はクォン・ユルといえば、ボイスシリーズのパン・ジェスでしか見たことがなかったんですよね。
ボイスでは中二病っぽい悪役ですが、ミョヌラギでは普通の男性。
ミョヌラギの方がまったく違和感がなくていい感じ。
パク・ハソンはシーズンになると暗さが増しますが、原作漫画とのシンクロ率が高くなった。




なんにしても面白いと言っていいのかわからないドラマでしたが・・・。
男性と女性では印象がまったく違うドラマでしょうし、基本的には男が見るタイプのドラマではないと思う。