JTBCの月火ドラマ「先輩、その口紅塗らないで」の放送がスタートしました。
主演はウォン・ジナにSF9のロウンという若手コンビ。

なかなか刺激的なタイトルのドラマですが、ウェブ小説が原作のドラマになりますね。
→ 韓国公式サイト「先輩、その口紅塗らないで」

・先輩、その口紅塗らないでの視聴率は?

若手のロマンスということで、ご多分に漏れず視聴率は期待できないかな?
視聴率は初回が2.02%でスタート、2話は1.56%と下がってしまいました。

KBSの「暗行御史」という強力な競合がいるのも不運ですね。
暗行御史も若手のドラマだけど、時代劇ジャンルになるのでより広い年齢層の人が見るでしょう。
その点「先輩、その口紅塗らないで」はキャスト的にも視聴者層が限られるかもしれません。




先輩、その口紅塗らないでは1話が話題になっている様子だったので視聴率も伸びるかと思ったら現実は厳しいですね・・・。
とはいえ、たぶんリアルタイムで見ない若い層が見ていると思うんですよ。
だから視聴率が期待できなくても、評判が良ければOKと言ったところかな。

・ウォン・ジナの出演作

ウォン・ジナは主演女優として活動していますが、これといったヒット作には恵まれていません。
ドラマデビュー作「ただ愛する仲」でいきなりヒロインを務めていますね。

ただ愛する仲は放送時間こそ違えど、今作と同じJTBCの月火ドラマ。
低視聴率ながら評判は良いドラマなので、「先輩、その口紅塗らないで」も同じ流れになると良いですね。




他には18年の「ライフ」、「僕を溶かしてくれ」という話題作に出演していますが、いずれも評判がイマイチのドラマ。
そもそもウォン・ジナも演技の評価が高い女優ではないんですよね。

映画で活躍していたわけでも、アイドルやモデル活動で元々人気があったというわけでもない。
それでもいきなり主演クラスになった極めて珍しい謎の女優さんです。
(ただ愛する仲で120倍率のオーディションを突破したから主演デビューは謎ではないですが)

・ロウンのヒット作

一方のロウンはアイドルから演技活動に進出、キャリアを重ねて主演に抜擢という正統派の出世コースです。
前作は「偶然見つけたハル」で初主演したわけですが、こちらがヒットしましたね!
MBCのドラマらしい、視聴率に埋もれた名作となっております。




偶然見つけたハルは「SKYキャッスル」でブレイクしたキム・ヘユンという勢いのある女優がお相手。
今回は謎の女優さんがお相手で、本人も学生役から大人の役をやることになりますね。
大人の役はやったことがあるので大丈夫だとは思うけど、主演だと勝手も違うのかな?
ウォン・ジナがヒット作に恵まれていない女優さんだけに、ロウン自身2作連続ヒットとなるか注目ですな。

「先輩、その口紅塗らないで」は視聴率が最高3%を超えれば良いのですがどうなるか・・・。
視聴率は期待できそうにないので、それよりもネットの評判ですね。
とりあえず速いストーリー展開で好評みたいですが、まだ2話だからわかんないですね。




あと、タイトルの気になる感じが良いですね。
「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」に通じるものがある。
タイトルが気になって見る視聴者も多そうです。
このタイトルなら大丈夫だとは思うけど、邦題が変なことにならないことも祈りたい。

スポンサードリンク