ストーブリーグ BS日テレ

19年から20年にかけてSBSで放送された韓国ドラマ「ストーブリーグ」を見ました。
こちらは野球がテーマのオフィスドラマになりますね。

楽しめたドラマではあるのですが、面白いという以上のことが言えないですね・・・。

・野球ファンは楽しめる

まず僕自身は野球が好きなので、楽しめたところがあります。
でも野球に興味のない人が楽しめるのかどうかは、よくわかりませんでした。


韓国で高視聴率を記録した「ストーブリーグ」ですが、その背景には普段ドラマを見ない野球ファンを取り込めたことも大きな要因。
もちろんそれだけでなく、主演のナムグン・ミンファンを中心に女性の視聴者層も取り込みマニア層を形成しています。
日本でも野球に興味がなくても楽しめたという口コミがあるので、野球に興味がなくても楽しめるドラマではあるのでしょう。

僕が見た印象としてはストーリーについていけないことはないでしょう。
ですが「野球に興味ない人でもおすすめ」とまでは言わないですね。
野球が好きな人なら楽しめるし、見ると良いドラマだとは思います。

・BS日テレのストーブリーグはカットが多い

そもそも僕が何とも言えないのはBS日テレで見たからです。
BS版の韓国ドラマはCMがあることで不自然さが生まれたり(韓国では途中にCMがない)、いくらかカットされるシーンがあります。
カットされるのは仕方がないのですが、それにしてもストーブリーグはカットが多すぎる。
韓国版が全16話でBS日テレ版も全16話ですよ。




韓国版は1話60分強あるので、BS日テレ版は各話20分ぐらいカットされていることになります。
さすがにこれはあり得ない・・・。(通常BS版は20話を超える分量になる)

なんか、やたらと唐突な印象を受けるので、おかしいなと思いながら見ていたのですが・・・。
BS版も全16話と知ってテンションが下がってしまったぞ。
そりゃ、不自然さが出るのは当然だ。


野球が好きな僕ですら不慣れな野球ドラマということで見始めるのに負荷がかかったので、野球に興味ない人が見るモチベは低いでしょう。
でも韓国で非常に評価の高い名作ドラマで、主演だって日本でも人気のナムグン・ミンですからねー。
もし野球ドラマという理由でカットが多いのであれば、さすがに残念すぎる。




いずれ完全版も見てみたいですね。
それから改めて野球に興味のない層でもおすすめできるものなのか書いてみたい。
とりあえず韓国の評判を見る感じだと、野球に興味がなくても楽しめるオフィスドラマになっているみたい。
BS日テレ版だとオフィスドラマやヒューマンドラマの側面も薄い感じがしたな。

・キャストについて

いまの僕に言えることがあるとすれば、キャストについてですね。
気になったのはパク・ウンビンがあの役をするには若すぎると思いました。
アラフォーぐらいの女優さんでもいいと思うんですよね。




20代女性が運営チーム長という不自然さはあるのですが、パク・ウンビン自身は演技も良い女優さんなので没入度が阻害されることはない。
でもどうやらあのキャラは30代中盤から後半の設定のようですからね・・・。
それなら当時28歳のパク・ウンビンより一回りぐらい年上の女優さんでも良いと思うぞ。
まあ、年齢設定以外は違和感もなかったので、良しとしましょう。

選手役の俳優さんたちも、フォームに不自然さを感じるところは多々ありましたが。
それも没入度を阻害されるほどのことはなかったですね。
(刑務所のルールブックを見た時の方がよっぽど気になった)


韓国の俳優さんは体格も良いですが、それでもプロ野球選手役をやるには小さく見えました。(プロ野球選手ってゴツイんだなと改めて思ったぞ)
でも顔はプロ野球選手っぽい雰囲気が出ていたし、キャストも特に不満はないかな。
不自然なフォームでもさほど気にならない演出はさすがです。

ちなみにスカウトチーム次長役だったキム・ギムは元プロ野球選手ですね。(刑務所のルールブックにも出ていた)
高校時代は有望内野手で大学時代に投手転向、プロでも投手として入団していますが目立った活躍はしていません。

あの見た目からは想像ができませんが俊足選手だったようですね。
投手なのに代走起用もされて、盗塁だって記録している。

なんにしても楽しめたドラマではあるけど、いかんせんカットが多すぎる。
でも完全版を見たいと思うには十分なドラマでしたね。

ただあれではとてもじゃないけど百想芸術大賞でドラマ作品賞を受賞した名作だとは感じない。
また改めて見たいドラマです。

スポンサードリンク