ペントハウス 過去

韓国ドラマ「ペントハウス」の主要人物は、みんな辛い過去の持ち主です。
登場人物のほとんどが何かしらの罪を犯していますが、子供の頃の不幸な体験が無関係ではないでしょう。

・悪役の辛い過去

わかりやすく辛い過去を持っているのがオ・ユニですね。
オ・ユニはチョン・ソジンとの不仲もあり声帯に大きな傷を負い、声楽の道を絶たれました。
(もっとも先に手を出したのはユニなのですが)
極め付きは恋人のハ・ユンチョルまでソジンに奪われ、人生が大きく狂ってしまいました。




チョン・ソジンにしても、父親からの虐待を受けてメンタルが崩壊しています。
学生時代にオ・ユニを殺しかけたのも、ユンチョルを奪ったのも父親の教育の影響。

チュ・ダンテにしても、かなり貧しい幼少期を過ごしています。
さらには目の前で母親と妹が死んでしまうトラウマを抱えていますね。

・スリョンの辛い過去

唯一、辛い過去を持っていなさそうなのがシム・スリョンです。
ですがスリョンの場合は父親が間接的にチュ・ダンテの家族を殺しています。
結果、スリョンはチュ・ダンテに執着され人生が破滅してしまいました。




他のキャラクターと違って子供の頃は幸せに過ごしていたと思われるスリョンですが・・・。
夫が目の前で殺されるという、チュ・ダンテに負けず劣らず辛い過去を持っていますからね。
やはり皆、辛い過去の持ち主です。