怪しい家政婦

13年にSBSで放送された韓国ドラマの「怪しい家政婦」です。
主演にチェ・ジウ、イ・ソンジェ、ワン・ジヘ、キム・ソヒョンら。

日本の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」のリメイクになりますね。

・怪しい家政婦の視聴率は?

前作は最終回で9.7%の「黄金の帝国」です。
「怪しい家政婦」は初回8.2%でのスタートとなっていますね。
3話で記録した6.9%というのが自己最低視聴率。




自己最高視聴率は8話の11.1%。
後半も主に9%台で推移して、最終回は10.3%となっています。

当時の基準としては特に高い数字ではありませんが。
競合に日本でもリメイクされた大ヒットドラマ「グッドドクター」がいたのが不運でしたね。

・怪しい家政婦の評価は?

前半はほとんど原作通りと言われているドラマですね。
7話ぐらいからオリジナル要素も増えてくるようです。
後半はスリラーに近いジャンルになると言われますが・・・。

やはり序盤の原作通りの展開は良くなかったのか、韓国にうまく合わせることができなかったドラマとも言われる。
そもそも日本でもキャラクターが受けて大ヒットしたドラマであり、作品性が高く評価されたわけでもないですからね。
キャラが韓国人の感性には合わなかったところはあるでしょう。




ちなみにチェ・ジウは演技面の評価が高い女優さんではありませんが、今作ではこれまでとは違うキャラをうまく演じたと好評です。
彼女はいまでも日本で一般知名度が最も高い韓国人女優でしょう。

韓国でもかつては視聴率保証女優として活躍し、大ヒットドラマも多いです。
全盛期キム・ヒソンに対抗できるキャリアを誇る数少ない女優とされる。(映画でダメなのもキム・ヒソンと同じ・・・)

ちなみに「怪しい家政婦」はキム・ソヒョンが地上波で初めて、誰かの子役(子供時代)ではない、助演キャラを演じたドラマになるようです。
そして妹役のカン・ジウは「恋するジェネレーション」でキム・ソヒョンの子役(子供時代)を務めています。
人気子役のナム・ダルムくんも出演。




原作はキャラが受けたドラマなので、原作ファンがみると逆に物足りなく思う面はあるかもしれません。
でも韓国でも視聴率が落ちているわけではないので、悪いドラマではないでしょう。
13年のドラマなので今から見ると古い感じにはなってしまいますが、興味があるなら見てみるのも悪くなさそうですね。

スポンサードリンク