先日、tvNの水木ドラマ「女神降臨」が最終回を終えました。
主演にムン・ガヨン、チャ・ウヌら。

原作が人気ウェブ漫画ということも注目を集めた理由です。
→ 「女神降臨」韓国公式サイト

・女神降臨の視聴率は?

女神降臨は若手のラブコメということもあり、視聴者層も限られちゃいます。
そんな中で初回は3.57%という良い視聴率でスタートしていますね。
前作「九尾狐伝」が5%を超えるヒット作だったので、その恩恵もあったかもしれません。




その後8話で自己最低視聴率2.90%を記録してますが、2%台に落ちたのはこの回だけ。
ただ、これは大人気番組「ミス・トロット2」と放送時間が被っている影響が大きいと思われます。
基本的に水曜日より木曜日の視聴率が落ちちゃいましたね。(他局の水木ドラマも同じ)

最終回直前の15話で自己最高の4.57%、最終回は4.45%。
ミス・トロットがなければ最終回で5%近くまで伸びたかも。

似たところでチャ・ウヌの「私のIDはカンナム美人」がありますが、こちらは視聴率5.8%を記録しています。
「私のIDはカンナム美人」は週末に放送されているので視聴率も伸びやすいですからね。




近年、学園ロマンスドラマが停滞していると言われる韓国ドラマ界です。
そういうことを考えても、女神降臨は良い数字を残しましたよ。
同日放送でライバルと言える「それでも僕らは走り続ける」に視聴率でも勝ちましたし。
良い視聴率とは言えないのかもしれませんが、僕は良い数字を残したと思うけどな。

・女神降臨の評価は?

女神降臨の原作であるウェブ漫画なのですが、ストーリー的には評価が低い作品なんですよね。
ただ絵柄がきれいなので目に留まるし、見る人も多いみたいです。
(原作者もきれい)

ストーリー的にイマイチな作品だけに、ドラマ化でどうなるかというのがポイントだったわけですが。
原作とはまったく違うような作品となり好評を得ています。

若い視聴者層からも人気を得たし話題性もばっちり。
ヒロインのムン・ガヨンだけでなく、パク・ユナ&イム・セミもガールクラッシュ(女性人気)を獲得しています。




ただ「アンチ外見至上主義的」なテーマの作品なのですが、結局は外見至上主義になってしまったという声もあります。(原作同様に)
この点は映画「ビューティーインサイド」と同じですな。


まあ、なんだかんだ視聴者からはシーズン2も声もあるほど人気を獲得しています。
ジャンル的に好きな人なら楽しめるドラマでしょうね。

・集合写真が批判される

ところで、最終回終了後にチャ・ウヌがインスタに投稿した写真が議論されました。
スタッフも大集合した写真なのですが、ほとんどの人がマスクをしていないということで・・・。
→ 写真はこちら




批判する人がいるのはわかるけど、そんなに批判しなくてもという気はするぞ。
集合写真ときにマスクを外して記念撮影するぐらい、おかしなことではないじゃないですか?
撮影中ずっとマスクをしていないのなら問題はありますが、この写真の情報だけでマスクをしてないと批判するのは違うかなと。
写真撮影のときだけマスクを外したのかもしれないし、それくらいは悪いことではない。

女神降臨は昨年、出演者がコロナの陽性反応が出ちゃったことがあるんですよね。
その件もあって余計に厳しく言う人がいるのかもしれませんが・・・。




写真だけじゃ何とも言えないですね。
僕は悪くないと思うけどな。
この写真をアップしたチャ・ウヌが不用意と言えば不用意なのかもしれませんが、チャ・ウヌが悪いとも思わない。
なんでもかんでも条件反射的に批判すりゃいいってもんじゃない。

思わぬところで批判の声があがってしまった女神降臨ですが。
ドラマとしては十分に成功したと言える作品ではないでしょうか。


今の時代、若者向けのドラマでこれだけの成果をあげたんだから凄いですよ。
今後、日本でも人気になるドラマでしょうけど、決して俳優人気だけの作品ではないでしょうね。

スポンサードリンク