17年にMBCで放送された韓国ドラマ「病院船」です。
主演は日本でも人気の大女優ハ・ジウォンに若手のカン・ミンヒョク。
カン・ミンヒョクは主人公としての活躍こそないものの、出演作に恵まれていた俳優さんです。

21年2月3日からBSテレ東で再放送がありますね。

・病院船の視聴率は?

ハ・ジウォンは前作「君を愛した時間」の評価が悪く、興行不敗女優の名に陰りが見えてしまいました。
病院船は初回11.9%という好スタートを切って復活の兆しを見せたのですが・・・。

最高視聴率は6話の12.9%。
15話以降は視聴率二桁に乗せることもなく最終回も8.6%に終わってしまいました。




前作が「オー・マイ・ゴッド」という同枠最後の全話平均視聴率10%超えのヒット作。
病院船も9.4%と悪くはないのですが、折り返しを過ぎてから10%を超えたのが1度だけと不満の残る結果に。
せめて前半低調で後半にあげていれば印象も違ったのですが、落ちちゃったから。
ハ・ジウォン主演作ということを考えても物足りない数字となってしまいました。

・病院船のロマンスが不評

日本では案の定というべきか、ロマンスも推されているようですが・・・。
残念ながら韓国ではこのロマンスの部分の評判がよくありません。

カン・ミンヒョクは勢いのある若手とはいえ、主人公として実績のある俳優ではないですからね。
年齢も一回り年上になるハ・ジウォンの相手としては不足の印象も受けるでしょう。




それに病院船では演技の評判もよくなかったみたいですからね。
たぶん、ハ・ジウォンとは格が違うので斜に構えて見た人が厳しい声をあげているということもあるのではないかと思いますが。
それにしてもお似合いの2人とは見られなかったようですね。

・病院船は医学的にもおかしい

ロマンスに関しては好き嫌いが分かれるのも仕方がありません。
一方で医学的におかしいところが多々あり評価を下げています。
もっとも目立つのが4話(2話2部)でハ・ジウォンが斧で腕を切り落とすシーンです。
ホラーですねw

看護師の衣装もミニスカートであり得ないとかいう声もあります。
衣装に関してはドラマだからということで妥協するにしても、斧で切り落とすのはね・・・。




少々医学的におかしいところがあるのは仕方がありません。
ですが、素人目に見えてもあり得ないシーンというのは、不満につながります。

そこは「ドラマだから」と妥協する日本人と、ドラマでもリアリティを求める韓国人の違いなのかもしれませんね。
日本ではロマンス推しの告知になっているけど、それも仕方なしなのかもしれませんね。
メディカルドラマではなく、医者の恋愛ドラマだと思えば、楽しめるのかもしれません。

病院船の脚本は「ファン・ジニ」と同じユン・ソンジュ。
ハ・ジウォンがファン・ジニ以来11年ぶりに同脚本家とタッグを組むということでも注目を集めたんですけどね。

ハ・ジウォン自身は演技面で非常に評価が高いです。
ただメディカルドラマを期待して見た視聴者からしたら、脚本に不足を感じるみたいですね。




そしてカン・ミンヒョクのキャラが魅力に欠けるとの評価。
彼のファンはたくさんいるから、悪く書くのが怖いんですけど・・・。

ハ・ジウォンやカン・ミンヒョクのファンの方が役者目当てで見る分には楽しめると思う。(日本の口コミを見る感じだと)
ただメディカルドラマを期待して見るなら、物足りなさは感じるのかもね。

なんだかんだ見たら見たで楽しめるドラマでしょうけどね。
僕も現地で評判がイマイチなドラマを見ることもあるけど、やっぱりそれなりに面白いですよ。
韓国人は見る目も厳しいので評価も厳しいこと書かれていますね。


我々日本人はドラマに対してそこまで厳しい目を持っていないので普通に楽しめますよ。
あとは好き嫌いの問題ですね。

スポンサードリンク