子役出身の若手女優チョン・ダビン
20年はネットフリックスのオリジナルドラマ「人間レッスン」で話題になり、20年12月現在はJTBCの「LIVE ON」に出演中。
主演クラスの女優に成長していますね。

幼い頃は「スターの恋人」というチェ・ジウのプロモドラマで(?)チェ・ジウの子供時代を演じたりしております。

・チョン・ダビンのアイスクリームの女の子とは?

チョン・ダビンはアイスクリームの女の子というニックネーム(?)で親しまれております。
これは彼女のデビュー作であるサーティーワンアイスクリームのCMが由来ですね。
→ こちらがそのCMの動画




当時3歳のチョン・ダビンですが、この子が主演クラスの女優に出世するんだからなー。
いまでもアイスリームの女の子と言われるぐらい、大衆に知られた広告です。

まあ、日本でも安達祐実は家なき子、マナカナはふたりっ子だもんな。
僕は世代じゃないけどそのイメージだ。

・チョン・ダビンに似ている芸能人

チョン・ダビンに似ている芸能人として、女優のナム・ボラの名前があがります。
この2人は確かによく似ているんですよねー。

年齢で言えばナム・ボラが10歳上なんですけど、姉妹みたいに似てる。

他にはキム・ミンジョンやキム・ヒソンの若い頃に似ていると言われているようです。
若い頃がわかんないからなんとも言えないところですが・・・。

ちなみにこちらは14年のチョン・ダビン。
チョン・ダビンの美少女っぷりも凄いけど、ナム・ダルムがすげーかわいいなw
個人的に最近「凍てついた愛」を見たからナム・ダルムもタイムリーな子役だ。

・子役から大人の女優へ転身中

20年で20歳になったチョン・ダビンです。
主演を務めた「人間レッスン」も「LIVE ON」もまだまだ学生役ですが、近い将来学生役を卒業して大人の役を演じることになるでしょう。

韓国は子役だってかわいいだけではやっていけない世界でしょうが、チョン・ダビンは演技力も評価されている子役です。

彼女が注目をあびたのが15年の「彼女はキレイだった」ですね。
ファン・ジョンウムの子供時代とファン・ジョンウムの妹役の1人2役をこなしました。
パク・ソジュン主演のヒット作で日本でも人気のドラマですね。




16年は時代劇「オクニョ」でもチン・セヨンの子供時代を演じて存在感を見せております。
もうこの頃になるとアイスクリームのイメージだけでなく、将来有望な子役として大衆に知られた存在に。

18年の「ロマンスは必然に」でも、これまでのイメージとは違う問題児を演じて幅広い演技力を見せております。
幅の広さでいえば「人間レッスン」にもつながるものがありますね。

残念ながらLIVE ONは20年放送のドラマで最低視聴率を記録するなど低調です。
若手のウェブドラマ系なので、どうしても視聴率は低くなるわな・・・。




ラブコメよりもキム・ユジョンみたいにロマンス系の史劇で作品に恵まれるといいんですけどね。
そうしたら幅広い視聴者に見てもらえるかもしれないし。
ちなみにキム・ユジョンもチョン・ダビンと同じ03年デビュー。(当時4歳)

女優としてのキャリアは1つ年上のキム・ユジョンの方がずっと上ですが、これからはわかんないですからね。
チョン・ダビンも若いのでこれからの活躍が期待できる女優さんです。


20歳の若さでミニシリーズの主演を張るなんか、韓国では子役出身女優だけでしょう。
同世代の女優の中では大きなアドバンテージを持っているし、将来も楽しみな女優です。

スポンサードリンク