韓国のNO.1女性シンガーIUのYUTUBEチャンネルに弟が出演。
家族が表に出ないIU一家ですが、弟の登場で話題になったようですね。

・IUと弟は笑い方が似ている

今回、弟が出演し話題になったのが弟の笑い方です。
IUというのは女性芸能人としては、笑い方が豪快なことで知られています。

いまではいくらかおしとやかになったようですが、それでも「アッ、ハッハッハッハ」となかなか豪快。
弟くんもIUに似て豪快な笑い方なのでやはり姉弟だと話題になったようですね。

ちなみに弟は4歳年下で、17歳の頃からアメリカに留学していたようですね。
顔もIUによく似ているらしく、姉が有名になってから周囲の目も気になったようです。
そのことで転校を余儀なくされたことも。
留学というのも、周囲の目から逃げる意味もあったのかもしれませんね。




IUも若くしてデビューしているので、当時の弟は小学生。
IUが大人気になった頃もまだ中学生ですからね。
そりゃあ、周りの子たちもうるさいだろうし大変だ。

・IUの両親

IUのYOUTUBEチャンネルといえば、20年のエイプリルフールにお父さんも登場して話題になりました。
お父さんは歌も上手でカラオケ好きらしく、IUもよく一緒に歌っていたらしい。
歌唱力に関してはお父さんの遺伝かもしれませんね。(笑い方もお父さんの遺伝か・・・)

IUは小学生の頃にお母さんが借金の保証人になったことがきっかけで、借金の取り立てに苦しみ両親とは離れて暮らすことも経験しております。
1年半という期間ですが、おばあちゃんと弟と親戚の家で暮らし、そこでは迷惑がられて辛い経験をしたようですね。
(借金に関してはIUが全額返済した)

IUの家族が表に出てこないのも、自分たちのせいで娘に迷惑をかけたくないという思いが強いというのはあるみたいですね。

・IUの慈善活動

IUは慈善活動にも積極的で、今年のコロナ関連でも複数回寄付が話題になりました。
医療関係者への防護服やアイスベスト(計2億ウォン相当)、2地域に3000万ウォン。

毎年デビュー日に行っている寄付も、2つの慈善団体に5000万ウォンずつ寄付。
などなど、20年は8月の時点で8億ウォン(!)も寄付をして、模範納税者として大統領から表彰されております。
こうした活動も子供の頃にどん底の生活を経験したことが影響しているのかもしれませんね。




そういえば、IUは主演ドラマ「私のおじさん」で聴覚障碍者のおばあちゃんと暮らす貧しい女の子を演じていましたが。

演技の評価が低かったIUがついに絶賛され女優としての評価を上げましたが、それも自身の経験が活きているのかもな。
このドラマ出演をきっかけにIUは聴覚障碍者支援の団体にも積極的に寄付をしています。
そういうところも、自分の意思を感じて素敵ですね。

日本にもそのときそのときでIUみたいな人気女性歌手はいるけど、IUみたいに10年もトップを張るような人っていないじゃないですか。
日本の女性歌手の場合は「いま女子高生に人気の~」みたいな枕詞だけど、IUは中高年層のファンも多いですからね。




それは彼女のスター性もあるだろうけど、本業以外の活動も評価されているからだと思う。
子供の頃のつらい体験を糧にしているんですから強い女性ですよ。

スポンサードリンク