先日JTBCの火曜ドラマ「LIVE ON(ライブオン)」が最終回を迎えました。
こちらはウェブドラマでお馴染みのPLAYLISTと共同制作されたドラマです。

JTBCでの放送と一緒にウェブ配信もされていますね。
YOUTUBEでも配信はされているけど、まだ日本からは見られない設定になっております。

・LIVE ONの視聴率

ライブオンの視聴率の方ですが、これはかなり低いことになっています。
初回は1.3%でのスタートで、2話で自己最低の0.42%。
その後も1%台を記録することなく最終回も0.8%で終わっています。




1話の1.3%というのは、そう悪い数字でもないんですよね。
かつてのJTBC歴代最高視聴率ドラマ「SKYキャッスル」だって1話は1.7%です。
しかし、ライブオンは視聴率を伸ばすことができず、0.42%というのは20年放送されたドラマで最低の視聴率。
JTBCの中でも歴代最低視率となってしまいました。

とはいえ、これも仕方がないんですよね。
以前も書いたけど、現在は学園ロマンスものが停滞しています。
ライブオンはチョン・ダビンを除き、一般的には知名度の低い若手のドラマでもありますし。
テレビドラマの視聴者である中高年層は見ないですよ。




そしてライブオンのメインのターゲットである10代の子たちは、テレビで見ていないでしょうからね。
みんなウェブ配信の方で見ているはずです。
メインターゲットがテレビを見ないようでは低視聴率も当然の結果です。
だから視聴率がワーストレベルだからといって、必ずしも評判の悪いドラマとは言い切れないです。

・LIVE ONの評価は悪くない

メインターゲット層がテレビを見ない以上、視聴率が低いのは仕方がないところがあります。
それにウェブドラマというと若者向けで、クオリティも落ちるというイメージもあるでしょう。
クオリティが落ちるかどうかはともかく、中高年の視聴者も楽しめるように作ってはいないでしょうからね。(楽しく見ている方も少なくはないでしょうけど)




ライブオンに関しては、視聴者の評判は良くてシーズン2の制作も待たれる声があるドラマです。
放送後はネットでも話題になっていたようですね。(ネットで検索ワード上位になったりしていたので、やっぱり若い子は見ていたということ)

キャストも若手というか、ほとんど新人と言っていいぐらいの人たちですが、演技面も悪くない評価です。
ストーリーや映像美も評価が高いので、ウェブドラマとしては上質なクオリティかもしれません。

ウェブドラマで学園ロマンスと言うと、なんとなく漫画な世界っぽいイメージがあると思うんですよ。
実際にはライブオンは現実的な世界観で評判も良いです。
ターゲットが10代であることに変わりはありませんが、普段からウェブドラマを見ている人や、学園ロマンスが好きな人は楽しめるであろうドラマでしょうね。




ところで僕はライブオンが始まった頃にキャストに触れていましたね。(忘れていた)
「「夜食男女」の0.4%まで落ちるのは困るけど、0%台はやむなし」と書いているわ。
「1%台をキープできればOK」とか書いているけど、つまり伸びるとは思っていなかったんだろうな。

当時の僕が書いているように、そもそもJTBC自体が低視聴率に苦しんでいるので、ライブオンの低視聴率は仕方がないですよ。
視聴者の間では評判が良いので成功作と言えるんじゃないかな。

スポンサードリンク