カイロス 評価

20年にMBCで放送された韓国ドラマの「カイロス」です。
主演にシン・ソンロク、イ・セヨン、アン・ボヒョン、ナム・ギュリら。

22年2月1日からBSフジで放送がスタートしますね。

・カイロスの視聴率は?

カイロスが放送されたMBCは最も視聴率が出ない地上波局になります。
ですから視聴率面は期待のできないところですが・・・。

初回は3.7%でのスタートなのでまずまず。
8話で自己最高視聴率の3.8%を記録、最終回前の15話で自己最低視聴率の2.2%。
最終回は3.3%となっています。




全話平均視聴率3.0%というのは、MBCの月火ドラマ枠の中でもかなり低い方です。
ただ競合に大ヒットドラマ「ペントハウス」があったこと、途中から見る人が少ないジャンルという不利な要素はあります。
あとは、プロ野球のポストシーズンの影響で放送休止が多かったことも不運でした。

・カイロスの評価は?

視聴率的には悪かったドラマですが、作品性は高く評価されています。
過去と現在が交差する「タイムクロス」ジャンルのドラマなので、どうしても途中からは見にくいドラマになります。
どんでん返しが多いドラマでもあるのも、途中から見にくい理由。

目まぐるしくストーリーが動く高速展開は高評価の理由になりますね。
似たところでは同じMBC月火ドラマでカイロスの前前作にあたる「リセット」も視聴率に埋もれた名作とされますが。
全12話と比較的短いリセットと違い、カルロスは全16話と一般的なミニシリーズと同じ分量です。




それでも中だるみが指摘されることなく、最後まで緊張感のあるストーリーだったようですね。(もちろん竜頭蛇尾議論もない)
ストーリー面だけでなく演出も評価が高く、ウェルメイドドラマと言われる名作になります。

シン・ソンロクやイ・セヨンらキャストの演技面も評価が高いドラマです。
特にシン・ソンロクは興行成功が約束された「ペントハウス」の出演(オム・ギジュンがやった役)を断ってカルロスを選んだとされますからね。
ペントハウスとカルロスでは視聴率的には5倍以上の差があるけど、作品性ではカルロスの方が評価は上でしょう。




韓国でウェルメイド評価なので、ジャンル的に好きなら間違いないドラマですね。
これは僕も見てみようと思うドラマです。

スポンサードリンク