TV朝鮮で放送がスタートした韓国ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」です。
主演にソンフン、イ・テゴンら。

イ・テゴンは6年ぶりのドラマ復帰作になりますね。

→ 「結婚作詞離婚作曲」韓国公式サイト

・結婚作詞 離婚作曲の視聴率

初回から視聴率6.9%を記録した「結婚作詞 離婚作曲」です。
6.9というのは、いまや地上波ドラマでも高いと言える数字なのに、総合編成チャンネルのTV朝鮮で記録しましたよ。
しかもこれは「カンテク」の6.34%を超え、TV朝鮮の歴代最高視聴率でもあります。
2話では視聴率を7.2%まで伸ばしていますね。




TV朝鮮といえば、なんといっても「ミスター・トロット(ミス・トロット)」です。
こちらは視聴率30%超えの歌謡番組なので、そこまでは視聴率が伸びる下地があるわけですね。
結婚作詞 離婚作曲もこの調子なら二桁視聴率も期待できるかもしれません。

競合としてはtvNの「哲仁王后」という強力なライバルがいますが、あと3週で終了です。
ここまでは好調を維持して、哲仁王后終了後にさらなる伸びを期待したいところですね。

・結婚作詞 離婚作曲の不安要素

2話までは好調の様子ですが、不安要素がないわけではありません。
ソンフンもイ・テゴンも演技力がある俳優ではないと評価されています。
だからイ・テゴンも長い間ドラマから離れていたのでしょうし。




今作に関してはソンフンに加えて、イ・ガリョンの演技も好き嫌いが分かれているようです。
イ・ガリョンはきついメイクの評判もイマイチみたい。

また脚本家はこれまで連続ドラマを書いてきた人で、初のミニシリーズ執筆となります。
(「白夜姫」、「オーロラ姫」などを執筆)
15年の白夜姫の後に1度引退宣言をしており、今作は復帰作ということにもなります。




連続ドラマだから仕方がないかもしれませんが、いわゆるマクチャン系の脚本家のようですね。
あとセリフも幼稚な(?)ところがあるらしい。
まあ、我々が字幕で見る分には関係ないけど、現地の人が聞いたら違和感のある言い回しもあるのでしょう。
初のミニシリーズ執筆というのも、どう転ぶのかわかんないところですね。

いまのところは未知数と言ったところですが・・・。
これまで同作家は無名の役者を起用することが多かったようですが、今回は知名度のあるキャストが揃っています。
そういうところも高視聴率につながったのかもしれませんね。(もともと数字は残してきた脚本家ですしね)




今作はいきなりドロドロ系のエピソードが多く、そこらへんも好き嫌いは分かれるでしょう。
いまのところは好意的な雰囲気ですが、前作「復讐しろ」も中盤以降に勢いが落ちてしまいました。
結婚作詞 離婚作曲もどうなるか未知数ですが、TV朝鮮史上最高のスタートを切ったドラマであることに変わりはないですね。
いくらか視聴者が離れても5%台をキープできればヒット作だし、二桁まで伸ばしたら大ヒットです。

スポンサードリンク