私たち家族です 評価

20年にtvNで放送された韓国ドラマの「私たち、家族です」です。
原題は「(知っていることはあまりないけれど) 家族です」。
原題に比べると情緒ある邦題ではないですけど、作品性を無視した変なタイトルじゃないからいいかな。

主演にハン・イェリ、キム・ジソク、チュ・ジャヒョンら。
22年10月7日からBS12で放送がスタートしますね。

・私たち家族ですの視聴率は?

前作「半分の半分」が低視聴率による打ち切りという悪い流れがあったのですが・・・。
初回視聴率は3.12%でスタートと合格点で、これが自己最低視聴率でもあります。




6話で4%台に乗せると8話以降4%台をキープして、最終回で自己最高視聴率5.43%。
ケーブルテレビのtvN平日ドラマで5%だからヒット作と言える数字ですね。
初回最低、最終回最高というのも良い傾向ですから視聴率的には文句なし。

・私たち家族ですの評価は?

原題「(知っていることはあまりないけれど) 家族です」から感じとれるように、比較的穏やかな家族ドラマされるドラマですね。

家族ドラマといえばどうしても不倫だとか出生の秘密だとか、大病みたいな刺激的な展開があるものです。
実際に「私たち家族です」でも出生の秘密がテーマにもなっているのですが、一般的な刺激的なドラマとは違う演出で高評価になっています。


(予告のサムネがどいつもこいつもダサくて嫌になる)

一般的な家族劇とは違う新鮮な脚本や演出が人気のドラマですね。
まあ、家族ドラマといえばイメージするのが連続ドラマですから、どうしてもマクチャンドラマになりますから。

ミニシリーズで近年話題になった家族ドラマといえば「がんばれプンサン」があるけど、これこそ連続ドラマのようなミニシリーズですし。(とんでもドラマだしw)
「私たち家族です」は現実感があり、身近に存在するようなエピソードだった点も高評価の理由です。




家族について改めて考えさせられると言われるドラマですね。
ただ刺激的なドラマの方が面白いのは面白いところがあるかも。
「家族の意味」がテーマのドラマですし、考えさせされるようなドラマと言われますからね。

「凍てついた愛」のチュ・ジャヒョンが出るから、これは僕も見てみようと思うドラマ。
今回のチュ・ジャヒョンは弁理士の役ということですが、韓国ドラマではおそらく初の弁理士キャラになると思われる。

クールで怖そうな雰囲気もある女優さんですが、そのルックスに合ったキャラでハン・イェリとの相性も良かったとされます。
他にもチョン・ジニョン、ウォン・ミギョンといったベテランも演技面での評価が高い。




BS12のサイトを見たら、わけのわからん三角関係推しがされていますが・・・。
そういう需要もあるのでしょうが、ちょっとポイントがずれた告知だよな。

なんにしても現地で高評価なので、見てみると良さそうなドラマです。
好き嫌いはあるかもしれませんが、韓国で評価が高いドラマなので間違いないでしょう。

スポンサードリンク