SBSの月火ドラマ「ペントハウス」が絶好調ですね!
今週の放送ではまた自己最高視聴率を更新しました。

来週には20%の大台も超えそうですね。

・ペントハウスにライバルが出現

最新11話では自己最高視聴率の19.6%を記録。
しかも首都圏視聴率で言えば21.2%と20%の大台を超えています!
先週が16%だったので、一気に3%も伸ばしたという驚異的な視聴率です。




今週からtvNでナムグン・ミン主演の注目ドラマ「昼と夜」が放送開始。
ペントハウスという強力なライバルがいるのに、視聴率は4.7%と良いスタートです。
まだ始まったばかりではありますが、いまのところはやや期待外れの風潮なのでペントハウスのライバルにはならないかも。


しかし、12月21日からTV朝鮮の「愛のコールセンター」が木曜日から月曜日に編成変更されるようです。
これは木曜日のドラマ視聴率を下げている原因でもある大人気音楽番組なので、ペントハウスにとっても強力なライバルになりますね・・・。

その頃のペントハウスは16話ですから終盤に差し掛かっています。(全21話)
ここでいかに盛り上げていくかも、視聴率維持のためには重要かもしれませんね。

・20年ドラマ最高視聴率記録できるか?

ここまで来るとペントハウスには20年ドラマ最高視聴率の更新も期待されます。
今年の最高視聴率は同枠で放送された「浪漫ドクター キム・サブ2」の27.1%。
ペントハウスの最終回が1月5日なので、20年内という区切りであれば最終回前の週ですか。
このまま上昇していけば可能性もなくはないな。




そういえば、地上波ドラマはキム・サブ2が最高視聴率ですが・・・。
JTBCの「夫婦の世界」が28.3%という最高視聴率を記録していますね。
こちらも抜く可能性がある。

興行的には大成功しているペントハウスですが、一方で刺激的な内容への批判はあります。
でもそれは夫婦の世界でも似たような議論はありましたしね。
ペントハウスもどこまで数字を伸ばせるか、要注目のドラマです。

スポンサードリンク