いじめ議論のあった韓国の女優シム・ウヌが学生時代のいじめを認めました。
あまり知名度の高い女優さんではありませんが、大ヒットドラマ「夫婦の世界」に出演していますね。

ゲストキャラではなくレギュラーキャラですから知名度も上げています。
僕は「悪い刑事」の被害者役(?)で見たことがあります。

・シム・ウヌの出身中学校

今回シム・ウヌは中学生時代のいじめを告発されました。
彼女の出身中学は、今は無き「北坪女子中学校」というところです。
現在は共学に変わっていますが、当時は女子中学だったようですね。




高校は北坪高等学校というところ。
その後「龍仁大学校」のミュージカル演劇学科に進んでいますね。
龍仁大学校はウォンビン、ユン・セア、キム・サランらの出身校になります。

いじめ疑惑に対してシム・ウヌは、仲が良くなかったのは事実とするも、いじめではないという意思表示をしていました。
その後も「いじめはない」という擁護のインタビュー記事が出たのですが、追加のいじめ暴露インタビューも出ています。
追加暴露インタビューから約10日後、いじめを認めるに至っています。

・シム・ウヌの出演ドラマはどうなる?

シム・ウヌは21年JTBCで放送予定の「舞い上がって蝶」というドラマの出演が決まっています。
こちらはキム・ヒャンギらが主演のドラマです。

初めて美容室を舞台に描かれる韓国ドラマということで、それなりに大きな注目を集めている作品になりますね。
僕も気にかけているドラマです。

シム・ウヌは主人公ではなくとも、主演クラスのキャラになるようです。
つまり、それなりの比重もあるキャラです。
比重が少なければ比較的簡単に降板の決断がされるかもしれないし、逆に降板させなくても大丈夫な影響力かもしれないし・・・。
主演クラスなら厳しい決断がされるかもしれませんね。




とりあえず、シム・ウヌがいじめを認めた翌日29日には、変わりなく撮影が行われているとされましたが。
JTBCは正式な見解を改めて発表するとしました。

僕は一連のいじめ議論について「芸能活動を始める前の出来事であれば許すことも必要だ」という立場です。(現在まっとうに生活しているなら)
業界内での評判が良くなければ勝手に消えるだろうし、わざわざ誹謗中傷したり降板の嘆願とかしなくてもいいかなと。




ただ現在決まっている仕事の降板は仕方がないかなとは思う。
でもシム・ウヌの「舞い上がって蝶」に関しては、まだ放送日も決まっていないドラマですからね。
僕は降板しなくてもよいと思うのですが、とりあえずは様子を見てもいいんじゃないかな。

ただ、おそらく降板ということになると思うし彼女は芸能活動の危機です。
代わりの女優さんもいくらでもいるようなポジションですからね。


せっかく女優として勢いに乗ってきたのに残念だ。
身から出た錆とはいえ、10年以上も前の出来事ですから僕は許すことも必要だと思うんですけどね。
そうはいってもイメージ商売なので活動の危機も仕方がない・・・。

スポンサードリンク