オフィスの女王

13年にKBSで放送された韓国ドラマの「オフィスの女王」です。
主演にキム・ヘス、オ・ジホ、チョン・ユミ、イ・ヒジュン。

日本のドラマ「ハケンの品格」のリメイクになりますね。

・オフィスの女王の視聴率は?

初回は8.2%でスタートし、これが自己最低視聴率になります。
2話も8%台ですが、3話で一気に12%まで伸ばすなど良い数字を残しています。
8話の14.6%が自己最高視聴率、最終回も14.2%を記録しました。




全話平均視聴率も13.0%で当時の同枠ドラマとしても高い水準です。
日本ドラマのリメイクで視聴率が出たのは珍しいですね。

・オフィスの女王の評価は?

今作はコメディですが風刺ドラマもありますね。
原作当時の日本と13年当時の韓国が似ていたため、韓国でも刺さったドラマと言われます。

ヒロインを演じているキム・ヘスのコメディ演技が好評です。
セクシー系のイメージが強かったとされる女優さんですが、見事な変身演技で女優としての評価を上げました。
オ・ジホとのケミも好評ですね。




日本版よりも倍ぐらい長いドラマになるので、それだけオリジナル要素も増えています。
僕も過去に見たドラマですが、オリジナル展開が多いので楽しめました。
ロマンス要素も少し増えていますが、原作崩壊のレベルではないですね。

韓国でも話題性があり、マニア層を形成したドラマとされます。
日本ドラマのリメイクですし、原作ファンも含めて見てみるのも良いドラマですね。