14年にKBSで放送された韓国ドラマ「ゴールデンクロス」を見ています。
主演にキム・ガンウ、イ・シヨン。

失踪ノワールM(キム・ガンウ)、番人(イ・シヨン)と過去に見たドラマを見返しましたが。
ゴールデンクロスを見る前に、2人の作品を見ておこうかなと見返していました。

・ゴールデンクロス前半は面白い

いま3分の1を見終わってこれから中盤に入るところなんですけど。
最初の方は話が難しそうな印象もあったし、なによりおじさん俳優たちの誰が誰だかわからないという・・・。
登場人物も多いし、キャラを覚えるのが大変そうだなという印象。

でも見続けていくうちにそういう印象も薄れましたね。
序盤が終わり妹の死にストーリーが追い付いてからはどんどん面白くなりました。




ゴールデンクロスは脚本がユ・ヒョンミということで「SKYキャッスル」と同じ人なんですよね。
いつか見ようと思っていたけど、失踪ノワールでキム・ガンウを見たときに良いきっかけだと思い見ることにしました。

キャストで言えば主人公のお母さんがチョン・エリというのは、SKYキャッスルと同じだな。(SKYキャッスルでは義母)

・ゴールデンクロスの不満なところ

ゴールデンクロスはいまのところ満足度がかなり高いドラマなのですが、あえて僕の好みではない点をあげると・・・。
序盤のキム・ガンウが泣きすぎなところかな。
まあ、泣くのも仕方がないシーンが続くとはいえ、涙の多い男性キャラはあまり好きではない。




SKYキャッスルもそうだけど、男性キャラがかっこよくはないですね。
見た目や雰囲気はかっこいんだけど、僕が憧れるタイプの男性キャラではないな。
不満というほどのことでもないのですが、あえて言うと男性キャラが好みではないかなという思いはある。

イ・シヨンは番人と比べるとかわいらしさもあっていい感じなのですが。
彼女のせいで面倒なことになっていきますね。
お父さんが容疑者になって私情を挟むのは仕方がないところはあると思うけど、それ以前に捜査内容をペラペラしゃべりすぎだろw
有能風なのに困った検事さんです。




ゴールデンクロスは犯人がわかった上でストーリーが進む点は好き嫌いが分かれるかもね。
これからそれぞれの過去や人間関係がどんどん動いていくと思うので楽しみです。

ただSKYキャッスルは最終回がイマイチだったので、ゴールデンクロスもそこがどうなるか気になるな・・・。
竜頭蛇尾ということにならなければいいのですが。

→ ゴールデンクロスを見終わった感想


スポンサードリンク