恋の始まりは出馬から 評価

20年にKBSで放送された韓国ドラマの「恋の始まりは出馬から」です。
主演にナナ、パク・ソンフンら。

2人は1年前に「ジャスティス」で共演しています。
タイトルから想像できるように、政治とラブコメジャンルのドラマになりますね。

・恋の始まりは出馬からの視聴率は?

前作は最終回で2.3%を記録した「霊魂修繕工」。
当時のKBS水木ドラマ枠は暗黒時代ですね。(いまも似たようなものですが)

「恋の始まりは出馬から」は初回3.5%でスタート。
2話の3.7%が自己最高視聴率なので、やはり低視聴率になりますね。




自己最低視聴率は12話の1部で記録した2.0%で、なんとか1%台に落ちることはありませんでした。
最終回は2.9%で終えています。

非地上波のドラマならまだしも、地上波でこの視聴率は低い・・・。
アイドル出身ながら韓国最高クラスのビジュアルを誇り演技面の評価も悪くないナナですが、出演作にはイマイチ恵まれない。

・恋の始まりは出馬からの評価は?

視聴率は低迷しましたが、意外と視聴者の評価は悪くないドラマになります。
ただ政治ジャンルという点で、放送前から悪い意味で注目されてしまいましたね。

政党は実在の政党を連想させる名前になっており、片方は善良で片方は悪者かのような描写。
しかも放送しているKBSは日本で言うNHKですから、余計に悪い意味で注目されてしまった。

政治ジャンルのドラマというのは、どうしてもワンパターン化されてしまいます。
その点は今作も同じで物足りなさを残した点になりますが。




一方でナナとパク・ソンフンのラブコメは熱心なマニア層を生んだ部分になります。
政治ドラマとしてはいつものパターンだったのかもしれませんが、それでも現実的な描写で面白いドラマと言われていますね。
脚本の評価も悪くないですし、コメディとしても面白いと評価されています。

ナナはこれまでクールなキャラを演じてきて評価が高かったのですが、初のラブコメ演技でも高評価を得ました。
KBS演技大賞でも演技賞を受賞しましたが、スピーチがあまりに長く司会者に注意され、それでも話し続け顰蹙を買ってしまった・・・。
(後ろのチョ・ヨジョンもイライラしてそう)
この一件もあってか、後続作「お!ご主人様」は地上波にして視聴率0%台を記録するほど低迷してしまった。




「恋の始まりは出馬から」も視聴率はやや減少傾向にあったわけですが、熱心なファン層がいたおかげで2%台をキープしましたからね。
政治ドラマと言ってもとっつきにくい印象はないと思うし、ジャンルやキャスト的に好きなら見てみるとよさそうなドラマです。

スポンサードリンク