ラブ・パッセンジャー

先日、ENAの月火ドラマ「ラブ・パッセンジャー」が最終回を迎えました。
主演にチョン・ヘジン、チェ・スヨン、アン・ジェウク、パク・ソンフン。

人気のウェブ漫画が原作のドラマですね。

・ラブ・パッセンジャーの視聴率は?

初回は1.26%という視聴率でスタートした「ラブ・パッセンジャー」です。
これが自己最低視聴率になりますね。
3話で2%を突破するなど、順調に視聴率を伸ばしました。




6話で3%台を突破、9話で4%台を突破、そして最終回で自己最高視聴率5.53%を記録し有終の美を飾りました。
ENAのドラマとしては「ウ・ヨンウ」に次ぐ歴代2位の視聴率になります。
まだ歴史の浅い放送局で視聴率が出にくいのですが、素晴らしい数字を記録しましたね。

・ラブ・パッセンジャーの評価は?

邦題はラブコメみたいな印象ですが、ジャンルとしては家族、日常系のコメディになりますね。
視聴率の推移を見てもわかるように、口コミで数字を伸ばして評価の高いドラマです。

チョン・ヘジンと少女時代スヨンという母娘のエピソードになりますね。
典型的な家族愛のストーリーとは違う脚本が好評のドラマです。

献身的なお母さんではなく、自分の幸せを追求するお母さん像というのが良かったみたいですね。
家族を単なる血縁関係として描かなかった点が好評です。




ちなみにチョン・ヘジンとスヨンが親子というより、姉妹に見えるという声があります。
高校生の頃に産んだ娘という設定ですが、実際の年齢差は14歳なのでほとんど設定通りですね。

今作は韓国でも評価の高いドラマなので、見てみると良さそうなドラマです。
大衆受けするジャンルだし、スヨンは日本でも馴染みの深い女優さんですし。

全12話と比較的短いドラマというのも見やすいかもしれませんね。
これは僕も見てみようと思うドラマ。