19年のヒット作「がんばれプンサン」を見ましたが。
がんばれプンサンは高視聴率ドラマではあるのですが、イライラ展開で若者受けが悪いドラマです。

高視聴率ドラマという点に釣られて見てしまうと、イライラして面白くないと思うドラマになるでしょうね。
※ネタバレ表現あり

・プンサンにイライラ

一般的にイライラするのは(?)イ・シヨンとオ・ジホが演じている主人公の妹と弟です。
ただ僕は妹と弟よりは、プンサン(ユ・ジュンサン)にイラっと来るところがありました。




僕がプンサンにイラっとした理由は奥さんと娘に感情移入したからです。
妹や弟のことばかり気にかけて妻や娘はないがしろにする。
娘を身籠ったときには兄弟の面倒を見るので精一杯という理由で中絶を迫るなど、かなりひどい夫です。
(それも一度や二度ではなかった様子・・・)

・がんばれプンサンのタイトルが悪い

そもそも僕は「がんばれプンサン」という邦題がおかしいと思う。
原題は「どうしてプンサン」なので、プンサンがおかしな言動をするという前提のタイトルなんですよね。
そのつもりで見ればイライラ度も薄れるというものですが、プンサンを応援するつもりで見たらイライラするところもあるんじゃないかな・・・。




僕は終盤になれば「がんばれプンサン」と思うようなストーリーなのかな?と思ったけど、そうでもなかったです。
ただ終盤に差し掛かると奥さんのプンサンを見る目が変わるので、奥さんと一緒になってプンサンに腹を立てることはなくなったw

日本では「がんばれプンサン」というタイトルで、ビジュアルもハートフルなことになっていますが・・・。
そういうイメージのドラマではないと思う。
この邦題とビジュアルは実際にドラマを見た時にプンサンのイメージを悪くするわ。

・被害者ではなく加害者

序盤は酷い妹と弟の面倒を見なければいけない被害者のようなプンサンです。
しかし、先の娘の件だけでなく、妹と弟が情けない大人になったのもプンサンが原因でした。


プンサンはイ・シヨンの双子の姉(チョン・ヘビン)を溺愛し、イ・シヨンには家事や幼い弟の面倒を押し付けていた。
大やけどをしてもプンサンに言うことができず(プンサンは気が付きもしない)大きなやけどの跡と共に兄に愛されず心に傷を負っている。

オ・ジホに関しても子供の頃には日常的に兄から暴力を受けていた。
お腹を空かせて母に会いに行ったら、3日間飯抜きの監禁生活ですから、かなりひどい。
(母親が作中最低の人間なので会い行ったことを怒ることは理解できる)




もっとも、そのような状況になったのは両親が原因で、プンサンは高校生の頃に4人の子供達を育てる重荷を背負ったわけです。
そのストレスから自分でも気が付かないうちに妹や弟に虐待をしてしまったという、同情するべき点はあるんですけどね。
それにしても妹と弟の件に関しては単なる被害者ではなく、加害者の側面もあったという。

・プンサンの家族愛

チョン・ヘビン以外の兄弟が荒れてしまったのはプンサンの行動が原因だったわけです。
プンサンが原因で家族もバラバラになるも、終盤になるとなんだかんだプンサンの愛が家族を変えていく形に。
特にイ・シヨンがプンサンと和解するきっかけが印象的でした。
兄に愛されていないと感じていたイ・シヨンも、それが勘違いだとわかり・・・。




一方で娘がプンサンを許すきっかけは特になかったと思うけどな。
大嫌いな父親が癌で死にそうになり、反抗期も終了という優しい子でした。
娘が不憫でならなかったですけど、なぜか和解できてよかった。

「がんばれプンサン」はずっと苦しい展開が続くので、イライラするところもあるドラマです。
みんながみんな報われない展開が続きますからね・・・。
ただそれでも最後は良かったので、見終わった印象は良いドラマです。


最初はイライラするところもあったプンサンですが、次第に見る目も変わりますね。
「がんばれプンサン」というタイトルがおかしいと思う印象は変わりませんでしたが・・・。

スポンサードリンク