推理の女王

17年にKBSで放送された韓国ドラマの「推理の女王」です。
主演にチェ・ガンヒ、クォン・サンウ、イ・ウォングン、シン・ヒョンビンら。

そういえば、まだブレイク前のシン・ヒョンビンが出ていましたね。

・推理の女王の視聴率は?

前作は最終回で17.2%の大ヒットドラマ「キム課長とソ理事」です。
推理の女王もその恩恵を受け、初回から11.2%と二桁スタートです。




しかし4話の11.6%が自己最高視聴率と、数字を伸ばすことができませんでした。
折り返しを過ぎた9話からは二桁を記録することもなく、最終回も8.3%に終わっています。
必ずしも悪い数字ではないのかもしれませんが、数字を落としたのはマイナス要素ですね。

・推理の女王の評価は?

シーズン2が制作されたことからもわかるように、マニア層を形成した人気ドラマです。
一方で明らかに視聴率を落としたことからもわかるように、評価も落とした面もあります。

緩い雰囲気が味ではありますが、ストーリーに関係ないシーンも多いとされる。
何よりも残念なのがオープンエンディングであることです。
いまとなってはシーズン2が制作されているので、さほどマイナスにはならないかもしれませんが・・・。(シーズン2もオープンエンディングだけど)




そうはいっても、中心となるエピソードが丸投げ状態で終わってしまったのは良いことではありません。
脚本の完成度は決して高くはないと言えそうです。

主婦といっても義母の顔色をうかがうところがあるぐらいで、主婦らしいシーンが目立つわけでもないですからね。
日本では謎のラブコメ推しの告知がされている点も、脚本の迷走が伺える。(謎のロマンス推しは珍しいことじゃないけど)

とはいえ、普通の主婦が凶悪事件を解決していくコメディ系のドラマということで、独特の魅力がある作品ですね。
緊張感がないところはどうしても好き嫌いが分かれるので、視聴者が離れてしまったところはあるでしょう。
チェ・ガンヒもやや癖があるので好き嫌いが分かれるタイプの女優さんなのかも。




マニア層を形成したのは事実なので、雰囲気やキャストが好みなら見てみるのも良いドラマですね。
ただシーズン2はさらに評価を下げてしまったのがマイナスだ・・・。

スポンサードリンク