19年から20年にかけてTV朝鮮で放送された韓国ドラマ「カンテク」。
主演はチン・セヨンにキム・ミンギュ。

21年3月25日からテレビ東京で放送がスタートしますね。

・カンテクの視聴率は?

カンテクはTV朝鮮のドラマなので、さほど視聴率が高いわけではありません。
初回は2.557%でスタートし、3話の2.556%というのが自己最低視聴率になります。
しかし前作「レバレッジ」は最高視聴率でも2.3%ですし、TV朝鮮としては高い数字なんですよね。


最終回で自己最高視聴率6.34%を記録して有終の美を収めています。
6.3%というのは当時のTV朝鮮ドラマ最高視聴率になります。
それまでの最高が「不滅の恋人」の5.6%。
不滅の恋人もチン・セヨン主演ドラマで、ドラマプロデューサーも同じ人になりますね。




ちなみにカンテクにはtvNの「愛の不時着」という超強力な競合がいました。
直接の放送時間はかぶっておらず、愛の不時着の放送終了後にカンテクがスタートするぐらいですかね。
カンテクは23時放送と遅い時間帯なので、その面でも視聴率的には不利です。
それでも同局最高の視聴率を記録したんだから凄いドラマですよ。

・カンテクの評価は?

カンテクはロマンス系の時代劇になりますね。
高速展開でストーリー面の評価も高いドラマになります。


また主演2人の相性も良いと評判です。
チン・セヨンはルックス面での評価も高いんですよね。

アイドル系の華やかなルックスですが、韓服姿がよく似合います。
不滅の恋人もそうだけど、16年には「オクニョ」でも主演を務めています。
いずれもヒット作ですが、カンテクの好評で時代劇が似合う女優との評価を固めていますね。

オクニョの頃も凄くきれいです。
まあ、美形なのでどんな格好をしても似合うのかもしれませんが。
普段は華やかな雰囲気なので、古風な衣装が似合うのも意外な感じ。

カンテクは美しい演出も高評価です。
興行に成功した作品なので、時代劇ファンなら楽しめるドラマでしょうね。

スポンサードリンク