ドラマ「凍てついた愛」で、いじめ首謀者のジュンソクを演じたソ・ドンヒョン。
彼は「王の顔」と「ナイショの恋していいですか!?」でソ・イングクの子供の頃を演じています。
日本でも比較的、馴染みのある子役なのかもしれませんね。

※ネタバレ表現あり

・単なる悪ガキではないジュンソク

いじめ首謀者で親が権力者(財団トップで学校理事長)となると、好き放題やっている悪ガキのようなイメージですが。
実際に悪ガキなんですけど、ジュンソクは元々そういう悪ガキではなかったんですよね。
ソンホの親友だったんだから良いヤツだったのでしょう。




ですが父親から学んだ帝王学、両親の不仲(?)が彼に悪い影響を与え・・・。
ソンホやソンホの家庭環境への嫉妬もあり、悪い父親の影響を受け、ついには学校内でいじめ首謀者に。
いじめられっ子を助けたソンホを新たなターゲットにして楽しんでしまう悪ガキになってしまいました。

悪ガキを演じているから悪ガキに見えるけど、いかにもな悪役俳優的なルックスではないですね。
これは他のいじめっ子にも言えることですが、あくまでも悪いのは親であり「この親にしてこの子あり」って感じでしたね。
みんな良くも悪くも素直な子だったので、親がしっかりしていればああはならなかったでしょう。

そうは言っても、いじめ首謀者として見事な問題児っぷりを見せたジュンソクです。
「問題を起こしても、お父さんがなかったことにしてくれる」というのも、心からの言葉ではなかったにしても、そういう気でいたのも事実でしょうしね。
父親ほどではないにしても、性格に難があるように見えましたね。




父親の帝王学は好意的に解釈するなら、ソンホのような男になれってことですからね。
でもソンホへの嫉妬もあり、暴力という形で周りの人間を自分に従えようとしてしまい・・・。

普通に喧嘩したらギチャンの方が強そうだけどな。
ギチャンも本当は良い子だけど、親の影響でジュンソクの言いなりになるような子になっていたんでしょうね。
ギチャンが良い親の影響を受けていれば、ジュンソクのいじめも暴走しなかったかもな。

・ダヒを襲っていなかったジュンソク

そもそもソンホの転落事故が起きたきっかけは、ソンホがジュンソクのダヒへの性的暴行を問い詰めたから。
ジュンソクは本当に身に覚えのないことだったんですね。
確かに身に覚えがなさそうだったけど、それまでの行いから信頼を得ることはできず・・・。

机の中に隠し持っていた(?)女の子の化粧品。
「僕は何も知らない。部屋に落ちていたんだ」という苦しい言い訳も本当だったんだからな。




ソンホのお母さんも、ジュンソクのお母さんも、息子が暴行犯という疑いをかけられパニックになったわけですけど。
ソンホのお母さんは夫や娘に支えられ息子を信じることができた。
一方のジュンソクのお母さんは家族がどんどんバラバラになり、息子を信じることができなくなっていき・・・。
あれは対照的な出来事だったな。

僕はジュンソクがソンホを突き落としてはいないと思ったけど、ダヒの件に関しては何かしらジュンソクが絡んでいると疑っていたからなー。
約束をすっぽかしたという意味で、ダヒが性被害を受けるきっかけを作ったのはジュンソクですけど。

それは悪いといえば悪いけど、友達関係として責められるような出来事で、犯罪的な悪さではないからな。
諸悪の根源はジュンソクの父親だ。
よくも知らん顔で息子や妻を守るための隠蔽工作とできたものだな。




ただ、ジュンソクにしても、いじめがなければソンホが信じてくれただろうに。
色恋沙汰でソンホと揉めた程度なら、転落事故が起きるほど揉み合うことはなかったと思う。
やっぱりジュンソクも悪いわな。

・悪役を見事に消化したソ・ドンヒョン

なんにしても凍てついた愛では悪役を見事に演じて好評だったソ・ドンヒョンです。
10年にデビューとキャリアの長い子役ですが、彼が注目を集めた作品が18年の「私たちが出会った奇跡」。
キム・ミョンミンとキム・ヒョンジュの息子を演じています。
凍てついた愛でスホを演じたキム・ファニとも共演していますね。

悪役も好評だったので、これから俳優としてのキャリアで演技の幅も広がりましたね。
まだ年齢的に高校生ですが学生生活を終えても俳優を続けるのかな?
将来も楽しみな子役ですね。

スポンサードリンク