その冬、風が吹く

13年にSBSで放送された韓国ドラマの「その冬、風が吹く」です。
主演にチョ・インソン、ソン・ヘギョ、キム・ボム、チョン・ウンジら。

原作は日本のドラマ「愛なんていらねえよ、夏」になりますね。

・その冬、風が吹くの視聴率は?

初回は11.3%という視聴率でスタートした「その冬、風が吹く」です。
その後は大きく視聴率を伸ばすことはなく、12~15%台で推移。
最終回で自己最高視聴率15.8%を記録しています。




1話が自己最低で最終回が自己最高というのは良い傾向ですね。
ただ13年の同枠ドラマは後に「君の声が聞こえる」→「主君の太陽」→「相続者たち」→「星から来たあなた」という黄金期を迎えています。
黄金期のドラマに比べると「その冬、風が吹く」は視聴率が伸び切らなかったなという印象。
そうはいっても高視聴率ですし、成功したドラマですね。

・その冬、風が吹くの評価は?

大女優のソン・ヘギョに大物脚本家のノ・ヒギョン作家という話題作。
原作ドラマは韓国の日本ドラマファンに大人気の作品になるようです。
季節が夏から冬に変わっていますが、全体的な雰囲気もまったく変わるようですね。

当時としてはきれいな映像が好評だったドラマです。
OST人気も高いですね。
ソン・ヘギョのルックス、演技面の評価も高く、チョ・インソンとのケミも人気です。

しっかりとした脚本と評価される一方で、日本原作なので韓国情緒に合わせると違和感も指摘されています。
どちらかといえば、チョ・インソンとソン・ヘギョのケミに支えられたドラマと言ったところでしょうね。




日本原作のドラマですし、キャストも良いので興味があるなら見てみるとよさそうなドラマですね。
ノ・ヒギョン作家は癖のある脚本家とされますが、今回は原作があるので大丈夫でしょう。
チョ・インソンとソン・ヘギョが好きなら間違いなさそう。