会いたい 韓国ドラマ

12年から13年にMBCで放送された韓国ドラマの「会いたい」です。
主演にパク・ユチョン、ユン・ウネ、ユ・スンホ、チャン・ミイネ。

・会いたいの視聴率は?

前作は最終回で12.4%を記録している「アラン使道伝」です。
「会いたい」は初回7.7%でのスタートとなっています。
2話の6.2%が自己最低視聴率になりますね。




5話で二桁を突破し、その後も二桁をキープ。
自己最高視聴率が11話の11.7%、最終回は11.6%となっています。
悪い数字ではありませんが、当時の視聴率としては決して高い数字ではありません。

→会いたいのキャスト

会いたい キャスト&登場人物

→会いたいの相関図

会いたいの相関図

・会いたいの評価は?

1話延長されて21部作となったドラマですが。
残念ながら評価の高いドラマではありませんね。
平日のミニシリーズにして、性犯罪が素材になっている珍しいドラマになります。

しかし、その性犯罪の描写が議論を呼んでしまったドラマですね。
なんといっても被害者役が当時14歳未満の子役であるキム・ソヒョンです。
もちろん直接、性暴行の描写があるわけではありませんが、それにしても子役にやらせる必要があるシーンなのか議論はあるところ。




パク・ユチョンも前作「屋根部屋のプリンス」は好評だったけど、今作は演技面の評価も低いですね。
ヨ・ジング、キム・ソヒョンの子役は評価が高いですけど、そもそも脚本の評価が低いです。
作品性の評価がイマイチで、10年近く前のドラマなので今から見るならキャスト目当てですか。

キャストに関してはユ・スンホ以外の主演陣が問題を起こしたドラマでも知られる。
パク・ユチョンとチャン・ミイネはドラッグ関係、ユン・ウネはファッション番組でデザインの盗作議論が出てしまいました。
また「会いたい」はユ・スンホの評価が高いドラマですが、そのユ・スンホはなぜか視聴率に恵まれない俳優で知られます・・・。




なんにしても、キャスト目当て以外だとおすすめはしにくいドラマですね。
日本での評価は高いドラマなので、キャスト目当てなら楽しめると思われる。
作品性を目当てに見るドラマではなさそう。