16年の韓国ドラマ「グッバイミスターブラック」でヒロインを務めたムン・チェウォン。
グッバイミスターブラックはムン・チェウォンにとって3年ぶりのドラマになります。
前作は日本でもお馴染みの大ヒットドラマ「グッド・ドクター」ですね。

グッバイミスターブラックでは髪をバッサリと切って話題になっております。
※ネタバレ表現あり

・グッバイミスターブラックのムン・チェウォン

ムン・チェウォンが演じるヒロインは登場時の名前がカヤ。
カヤはタイの言葉でゴミという意味だそうで・・・。

幼い頃に津波で親を亡くし、自身も記憶をなくして貧しい生活を送ってきたカヤ。
かわいそうな境遇ですが、明るくて活発なヒロインだったので、あまり悲しい雰囲気はなかったな。




のちにキム・スワンとして新しい人生を歩むわけですが。
正義感も強く記者として悪に立ち向かい。
一方で純愛を貫く魅力的なヒロインでしたね。

サブヒロイン格のマリ(ユ・イニョン)が洗練された女性だったので、その対比も良かったですね。
スワンは純粋で子供っぽい感じもあったし。
ムン・チェウォンにも最初はどことなくぎこちなさも感じたのですが、いつの間にかスワンに馴染んでいたな。
かわいらしいヒロインで、とても魅力的だった。




ただ、スワンに関しては最後がなかなかのとんでも展開だったからなw
結果的にああいう結末になって良かった気もするし、拍子抜けたところもあるし・・・。

あの後、スワンはどうやって生きていくんだろう。
結局はまた無戸籍となってしまったわけで。
人里離れた島で暮らし続けるにしても、幸せになれるかどうか・・・。

・ムン・チェウォンのその後

代表作「グッド・ドクター」の次に出演することになったグッバイミスターブラックですが。
ドラマ自体は好評だったのに「太陽の末裔」というあまりに強い競合がいたため興行は不振。
最終的に9.9%を記録したので、最初から太陽の末裔とかぶっていなければ全話平均10%を超えるぐらいのヒット作にはなったでしょう。




ムン・チェウォンは翌17年の「クリミナルマインド」が大コケ。
18年の「ケリョン仙女伝」も興行不振に陥ってしまいました・・・。

しかし20年に「悪の花」でようやくヒット作が出ましたね!
グッバイミスターブラックから続いた悪い流れがようやく途切れた。
悪の花は僕も見てみようと思う。




年齢的にも30代中盤で、これから第2の全盛期が来てもおかしくはないです。
というか、いつかは来るような女優さんでしょうね。
ただ、その前に結婚でもしたらどうなるかわかりませんが・・・。

顔が似ていると言われるBLACKPINKのジスのドラマデビューが決まったことですし、いずれ共演作でも見てみたいな。

スポンサードリンク