ああ、私の幽霊さま

15年にtvNで放送された韓国ドラマの「ああ、私の幽霊さま」です。
主演にパク・ボヨン、チョ・ジョンソク、イム・ジュファン、キム・スルギ。

日本の漫画「ああっ女神さまっ」とタイトルが似ているけど関係はない。

・ああ、私の幽霊さまの視聴率は?

前作は0%台の視聴率で打ち切りになった「元カノクラブ」です。
悪い流れがあったなか、「ああ、私の幽霊さま」は初回2.7%でスタートしていますね。(1話自己最低視聴率)
当時のtvNはいまほど視聴率の出る時代ではないので、悪い視聴率ではありません。




3話で3%を突破すると、13話で5%の大台も突破。
最終回で自己最高視聴率7.3%を記録しています。

いまでもtvNで7%を記録すれば良い数字なのに、当時で7%台は凄いですね。
ちなみに「応答せよ1994」、「ミセン」に次ぐ当時歴代3位の視聴率になります。
ああ、私の幽霊さまはtvNドラマの地位を上げたドラマの1つですね。

→ああ、私の幽霊さまのキャスト

ああ、私の幽霊さま キャスト&登場人物

→ああ、私の幽霊さまの相関図

ああ、私の幽霊さまの相関図

・ああ、私の幽霊さまの評価は?

これだけの高視聴率を記録したドラマなので、評価が高いのは言うまでもありませんが。
ラブコメのバイブルという声もある鉄板ドラマになります。

脚本家のヤン・ヒスンは日本でもリメイクされた「知ってるワイフ」の脚本家です。
彼女の最も評価が高い作品が「恋のゴールドメダル」ですが、ああ、私の幽霊さまもそれに次ぐ作品。

賢い医師生活シリーズでもお馴染みチョ・ジョンソクがスターに出世したきっかけのドラマでもある。
パク・ボヨンにとっては7年ぶりのドラマ復帰作。(子役時代を除いて実質初のミニシリーズ出演)




ラブコメといえば女性向け作品になるわけですが、今作はパク・ボヨンの男性人気も高いドラマです。
男性の視聴者が増えた点も、高視聴率に繋がったのかもしれませんね。

主人公の2人は10歳の年齢差があるのに、それを感じさせないケミが好評。
サブ主人公のイム・ジュファン、キム・スルギも非常に評価が高いですね。

15年とやや古いドラマではありますが、鉄板中の鉄板ドラマなのでラブコメが好きな人は見てみると良いドラマですね。
パク・ボヨンとチョ・ジョンソクは大ヒット作品に出演していますし、キャスト目当てで見るきっかけもありそう。
ジャンル的に好きなら、まあ、間違いはないドラマですね。