浪漫ドクターキム・サブ 評価

16年から17年に放送された韓国ドラマ「浪漫ドクター キム・サブ」です。
主演にハン・ソッキュ、ユ・ヨンソク、ソ・ヒョンジンら。

韓国を代表する医療ドラマですね。

・浪漫ドクターキム・サブの視聴率は?

前作は最終回で11.3%を記録した「麗<レイ>」です。
キム・サブは初回から9.5%という高めの数字でスタートしていますね。
2話で早くも二桁突破となる10.8%。
視聴率は右肩上がりで、8話で20%を超え、最終回で自己最高視聴率27.6%。




平均視聴率も20.4%と20%超えですからね。
平日のドラマでこれだけの数字を残すのは本当に凄い。

・浪漫ドクターキム・サブの評価は?

脚本家のカン・ウンギョンは「製パン王 キム・タック」や「家族なのにどうして」などでお馴染みの大物脚本家ですね。
キャストはなんといってもハン・ソッキュです。
ユ・ヨンソクとソ・ヒョンジンも当時勢いのある俳優さんですが、キム・サブはハン・ソッキュのドラマと言われる作品です。

ややオーバーなところがあり、やかましいドラマという批判もある作品でもある。
腹の立つキャラクターも目立つドラマではあるわけですが、そういう人がいることでよりスッキリ感が出るドラマでもある。
そういう意味で大衆性はあったドラマになりますね。(高視聴率なんだから当たり前だけど)




偶然の重なりが多いことなど、蓋然性という面でも指摘されているところがあります。
まあ、医学的に嘘を描いてもらっては困りますが、そういうわけではないですからね。
面白さを演出するためには当然のところでもある。

これだけの大ヒットドラマということは見る人が多いだけ、どうしても批判的な声もあるわけですが。
好き嫌いの問題でしょう。

ちなみに20年に放送されたシーズン2も大ヒット。
22年にはシーズン3も放送予定です。




浪漫ドクターキム・サブは韓国を代表するメディカルドラマです。
ジャンル的に差別化が難しいのですが、それでもハン・ソッキュのカリスマ性で差別化にも成功したと言われる大作です。
医療ドラマが好きな人は見るしかないようなドラマでしょうね。

スポンサードリンク