19年の韓国ドラマ「がんばれプンサン」を見ています。
こちらは終盤の評価が高いドラマということで、序盤は期待していなかったのですが・・・。

思いの外、楽しく見ているドラマです。
とはいえ、僕が楽しく見ているのはキャストに良いイメージがあるのも理由かな。

・イ・シヨン&オ・ジホ

がんばれプンサンには問題児キャラとしてイ・シヨンとオ・ジホが登場します。
この2人にイライラしてしまう視聴者は多いでしょう。
実際に韓国でもそういう評価ですから。




でも僕は、イ・シヨンは「番人」「ゴールデンクロス」「美しい私の花嫁」、オ・ジホは「オフィスの女王」、「オー・マイ・クムビ」で見て印象が良い2人です。
そいうこともあり、特にイライラすることはなく見ています。

ちなみにオフィスの女王は「ハケンの品格」のリメイクドラマですね。
オ・ジホが大泉洋さんの役、がんばれプンサンに出演しているチョン・ヘビンは板谷由夏さんの役で出演しています。(原作とは別キャラだけど)
チョン・ヘビンはオフィスの女王の頃から見た目が変わらんな・・・。

・がんばれプンサンの邦題に違和感

オ・ジホとイ・シヨンには特にイライラすることはない僕ですが、プンサン役のユ・ジュンサンにはイラっと来るところはある。
(ユ・ジュンサンは交渉人で見たことがある俳優さんではあるけど)




そもそもこの「がんばれプンサン」という邦題も少し違う気がする。
原題は「どうしてプンサン」なんですよね。

あくまでも序盤の印象だけど、「がんばれ」というよりは「どうして?」という印象の方が強いですからねー。
あの方向で頑張ったらダメでしょうという気はする。

視聴者層的にもプンサンの奥さん(シン・ドンミ)に感情移入する人は多いと思うんですよ。
僕だって奥さんの気持ちになって「どうして?」と思うぐらいですから。
主婦層に支えられて高視聴率だったドラマなわけですから、原題通り「どうして」というタイトルが良かったと思うけどなー。
プンサンはあの感じで頑張ったらいけないですよ。

まあ、それはあくまでも序盤の印象ですけどね。
後半になってくると「プンサン頑張れ」と思うようになるのかもしれない。

ドラマ自体はけっこう楽しく見ているので、今後の展開も楽しみです!
→ 見終わっての感想

スポンサードリンク