シグナル 韓国ドラマ

16年にtvNで放送された韓国ドラマの「シグナル」です。
主演にイ・ジェフン、キム・ヘス、チョ・ジヌン。

日本でもリメイクされているドラマですね。

・シグナルの視聴率は?

前作は最終回で19.6%を記録している「応答せよ1988」です。
大ヒットドラマの後で良い流れが来ていたわけですが、シグナルは初回6.3%スタート。
非地上波のドラマですし、これは良いスタートになりますね。(しかも自己最低視聴率)




11話で初の10%超え。
最終回で13.4%を記録し、有終の美を飾りました。

ケーブルテレビのtvNですから大ヒットと言える数字です。
しかもファンタジースリラーという、視聴者層も限られるであろうジャンルでこの数字は快挙です。

・シグナルの評価は?

大ヒットと言えるだけの数字を記録し、日本でもリメイクされたわけですから、評価の高いドラマであることは言うまでもありません。
序盤こそイ・ジェフンの演技力議論があったようですが、最終的にはキャラに馴染んで高評価を得ています。

ちなみに脚本家のキム・ウニは過去に日本ドラマでもリメイクされた「サイン」も執筆している人ですね。
シグナルも非常に完成度の高い脚本と評価されます。




ちなみに事件は、実際の事件がモチーフになっているようですね。
この点も現地の視聴者の没入度を高めたところでしょう。
1つ1つのエピソードも映画のようにクオリティが高いとされる。

キャストはキム・ヘスの評価が高く、百想芸術大賞で演技賞も受賞しています。
ベテラン刑事だけでなく、若い頃の役も違和感なく演じていますね。
キム・ヘスってかっこいいイメージだけど、若い頃はかわいい女優さんだもんな・・・。

ちなみに13年の名作ドラマ「ナイン」と似た設定でもある。
シグナルの成功で、ナインも改めて注目を集めていますね。


なんにしても「シグナル」は百想芸術大賞でドラマ作品賞も受賞した鉄板ドラマです。
日本にも馴染のある作品ですし、ジャンルの枠を超えて名作評価なので見た方が良いドラマですね。

スポンサードリンク