先日、JTBCの金土ドラマ「アンダーカバー」がスタートしました。
主演にチ・ジニ、キム・ヒョンジュが3度目の共演。

原作はイギリスBBCのドラマになりますね。
同枠ドラマでは大ヒットドラマ「夫婦の世界」以来のBBCのドラマ原作です。

・アンダーカバー1話2話の視聴率は

チ・ジニ&キム・ヒョンジュは過去2作の評判が良いですし、早くから注目を集めていたドラマになります。
そして初回の視聴率は3.47%とまずまずのスタート。
2話では3.78%と視聴率を伸ばしています。




総合編成チャンネルのJTBCなので3%を超えれば悪くない視聴率です。
このドラマ枠は23時スタートと遅い時間なのを考えても、より十分な数字ではあります。
とはいえ正直、僕はもっと視聴率が出ると思っていたのですが・・・。

前作「怪物」が初回4.5、最終回6.0ですからね。
前作が名作評価でその恩恵もあると思われただけに、意外と低いスタートになったアンダーカバーです。

・アンダーカバーの議論

アンダーカバーには1つ、放送前から大きな議論になっているポイントがあります。
作中に「高位公職者犯罪捜査処」「大韓民国国家情報院」「全国大学生代表者協議会」などと言った組織が登場するのですが。
特定の組織の美化につながるのではないかという懸念です。
実際に放送がスタートしても、政治的な議論は起きているようですね。




国内ドラマと違って、韓国ドラマはそれなりのリアリティも求められますからね。
「所詮はドラマだから」で済む国内ドラマと違って、この手の議論も大きくなる可能性はある。
まあ、そこらへんの議論も様子見ですね。

アンダーカバーはチ・ジニとキム・ヒョンジュが夫婦役ということで、「恋人がいます(愛人がいます)」のファンにとっても胸熱のキャスティングでしょう。
僕はこの2人のドラマなら評判がどうであろうと、いずれ見てみようと思う。


「恋人がいます」も見ようと思ったのですが、ミニシリーズじゃないので時間的にしんどくて見るのをやめた。
でもアンダーカバーは見るぞ。(ハイライト動画)
せっかくなら良いドラマになってもらいたいな!

スポンサードリンク